ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の北部や南部で、夜になると水道の水の出が悪くなる地域が出てきているという。サンパウロ州主要6大水系では、9月に入ってからの降水量が10ミリを超えたところがなく、水不足を心配している人もいるようだ。現在の貯水量は、カンタレイラ水系が「未開の水域」抜きで53%、アウトチエテは51%、グアラピランガは61%で、他は80%以上だから、まだ水不足を心配する水位ではないし、この春夏はエル・ニーニョなどの異常気象を呼び込む要素もないとのこと。むしろ大事なのは、現在ブラジルを覆っている熱帯高気圧が崩れて去った後にどうなるか。天候がまともであることを望みたい。
     ◎
 6日から試験状態ではあるが、サンパウロ市地下鉄5号線に3駅が開通。この後も2018年いっぱいまでに7駅が追加されることで賑わいが予想される同路線だが、22日付エスタード紙によると、開通したばかりの駅のひとつ、アウト・デ・ピニェイロス付近で最近、車強盗や窃盗が増え、さらに麻薬の売人の行き来も見られるという。これから地下鉄の利用者などの増加も予想されるところだけに、早めの対策を願いたいところだ。
     ◎
 明日24日(日)はサンパウロ市モルンビ・スタジアムで、サッカー全国選手権のクラシコ(伝統カード)、サンパウロFC対コリンチャンスの一戦が行われる。今年のこのカードは、コリンチャンスが首位を独走する一方、サンパウロFCは2部降格圏内で青息吐息の状態と、寂しいところだが、サンパウロFCが本拠地で一泡ふかせられるかが見所。試合開始は午前11時からだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年5月24日 東西南北  サンパウロ州では先週から強い冷え込みが続いており、20日夜から23日の朝方まで降った強い雨は、サンパウロ州の主要水系を潤した。カンタレイラ水系ではこの間に53ミリもの雨が降ったことで5月の降水量が86・4ミリとなり、月間平均(78・2ミリ)を超えた。同水系の4月の降水量は4・ […]
  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 《ブラジルサッカー》コリンチャンス女子、20戦20勝でサンパウロ州制覇=年間47戦43勝の絶対女王、涙の勝利2019年11月19日 《ブラジルサッカー》コリンチャンス女子、20戦20勝でサンパウロ州制覇=年間47戦43勝の絶対女王、涙の勝利  サンパウロのアレーナ・コリンチャンスで16日、女子サッカーのサンパウロ州選手権決勝、コリンチャンス対サンパウロFCの第2試合が行われ、第1試合を1対0で制していたコリンチャンスが第2試合でも3対0と完勝。合計スコア4対0で初優勝を飾った。  今シーズンのコリンチャン […]