ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(95)

どこから来たの=大門千夏=(95)

 四人で一〇分くらい歩くと大きなレストランに着いた。中はもうお客でいっぱい。よっぽど安くておいしい店にちがいない。
 任せるからというと、三人でキャッキャッと騒ぎながら注文して、四人分がたくさんの大皿に山ほど盛られてきた。
 私に気を遣いながら三人は目をキョロキョロさせて頬張る。若い人は気持ちいいなと思いながら私も食べた。トウモロコシは甘くておいしい、鶏のから揚げ(地鶏だろうか、サンパウロではこんな味のあるのには出会わない)油で揚げたじゃがいも、何もかもとてもおいしい。それ以外にもたくさん並んだ。
 一人で食事した昨日の夕食に比べるとなんておいしく豪華なのだろうか。
 私が一言いうと三人は手を止めてじっと聞き入ってくれる。私が退屈しないように誰かが話しかけてくれる。お世辞を言ってくれる、とても若々しいとか、教養があるとか、知識が多いとか言われると、体中をくすぐられているような快感。我が人生で初めての「持ち上げられた」経験だ。
 竜宮に行った浦島太郎もこんな風にモテて、至れり尽くせり、かゆい所に手が届くようにチヤホヤされたにちがいない。帰りたくなかったハズだ。
 楽しく嬉しく、おかしく、美酒に酔った気分とはこんなのだろうか。なるほど政治家議員先生などはこんな気分をいつも味わっているのかしら…コタエられないはずだ。賄賂を使ってでもなりたくなる気持ちがよく判る。
 どうやら皆は私が大金持ちだと思っているらしい。私は鷹揚に微笑み、泰然自若。「もっと食べたいものは?」などと聞く。
 十二分食べた。皆ニコニコと幸せそう。それを見ている私はもっと幸せ。会計は四人分で六ドルだった。
 夕べ一人で食べたホテルの夕食は一二ドルだったのに。あまりの安さに思わず、「明日も一緒に食べましょう」と言ったほどだった。
 「もっとお友達を連れて来ていいわよ」と「にわか大金持ち夫人」の私は言った。彼女たちは歓声を上げて、「ほんとにいいの? 弟を連れてきたいけどいいかしら」「いいわよいいわよ、連れていらっしゃい、みんな来て」鷹揚に答える私。
 外に出ると冷たく澄んだ空気。星はまるで出来たてほやほやみたいに空いっぱいに光り輝いている。白く光った道を四人で腕を組んで、歌を歌いながら歩いてホテルに帰った。
 翌日は六人来た。今度はもうちょっと違う食べ物がいいんじゃあないの、別なところに行こうと言ったが、ここが一番安くて美味しくて、量が多い所だという。
 夕べと同じような品を注文、二人の男性は遠慮深くてお酒は飲まず、インカコーラという飲み物を注文していた。
 食べながら、今日は六人が昨日と同じように、何を言ってもごもっともと相づちをうち、下にもおかず、チヤホヤともてなしてくれる。一緒に食事してくれるだけでもありがたいのに、その上お世辞まで言ってくれる。
 私が話せばみんなが耳を傾ける。みんなニコニコと幸せそうな顔をして、喜んでくれている。
 私は気分が大きくなり、夕べは偽金持ち夫人だったが、今日は本当に取り巻きを連れた大金持ち夫人になった気分だ。「もっと食べて」「デザートを取りましょう」「お酒はいかが?」鷹揚にすすめる。しかし、お世辞に囲まれた経験の無い私は、次第にバラ色の言葉も耳に飽き飽きし、ばかばかしくなってきた。
 「持ち上げられ疲れ」が始ったのだろうか。ああシンドイ議員先生のように神経が図太くないからか、簡単に天井くらいまで一直線に舞い上がって、たったの二日でまっすぐに落下。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]