ホーム | ブラジル国内ニュース | 5月=プラダー・ウィリー症協会が集会=「珍しい病気に注目を」

5月=プラダー・ウィリー症協会が集会=「珍しい病気に注目を」

イベント参加者ら

イベント参加者ら

 肥満や知的障害、筋力の低下などを起こすプラダー・ウィリー症候群(以下SPW)について周知を図るため、ブラジルSPW協会が6日、サンパウロ美術館(MASP)前で集会を開いた。
 5月は国際的な交通事故予防月間で、ブラジルでも「マイオ・アマレロ(黄色の5月)」と呼びならわされているが、国内では「珍しい病気に注目する月」とする動きもある。本イベントはそれに順じて行われた。27日にはブラジリア、リオ、ベロ・オリゾンテ市で同様の運動が予定されている。
 SPWはDNA組織の欠損により起こる遺伝子疾患で、ブラジルでは3万人に1人の発症率とされている。新生児期は筋力低下のために哺乳がうまくできず、多くは経管栄養で栄養摂取する。
 幼児期には極度の過食症が見られ、肥満に陥る。そのため、糖尿病や睡眠時の無呼吸などによる死亡ケースが多く、平均寿命は20~40歳程度だ。また、一般よりも知能指数は低いが、パズルや反復作業を得意とする。
 集まった協会関係者ら約100人は、SPWについて説明したチラシを配布し、協会サイトのQRコードと共に「Fome de Viver」と印刷されたTシャツを販売。その後、MASP周辺を行進、子供達の健康のためにズンバを踊るなどした。
 参加者のアナパウラ・デ・ゼ・エスパニョルさんはSPW児のバルバラちゃん(14)の母親だ。今回の運動については、「症候群の周知、親患者や親同士が繋がるためにとても良い」と語った。車椅子生活だったバルバラちゃんは、昨年、同運動に参加したことを機に、自身の足で立つことを決心した。今回の運動では自らの足で行進に参加し、成長を見せたそうだ。
 同イベント関係者の伊藤シモーネ桜さんは、「医者の間でも認知度が低い症候群。一般での認知度を上げることで、同症候群の児童に与えるための成長ホルモンが得やすくなるなど、治療環境を整えたい」と運動の目的を説明した。
 詳しくは同協会サイト(www.spwbrasil.com.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]