ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・マラニョン州》西アフリカ諸国から密航者25人が漂着=大西洋35日漂流の末に

《ブラジル・マラニョン州》西アフリカ諸国から密航者25人が漂着=大西洋35日漂流の末に

 19日午後11時半頃、ブラジル北東部のマラニョン州沖で、漂流船に乗っていた西アフリカ諸国出身者25人とブラジル人2人が、セアラー州から漁に出ていた漁船に救出され、マラニョン州のサンジョゼ・デ・リバマール市の港に到着したと、20、21日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。
 密航者25人の国籍は、セネガル、ナイジェリア、ギニア、シエラレオネ、カーボベルデで、全員が男性。年齢は19~35歳だった。彼らは35日間、貧弱な船で大西洋を漂流していた。
 マラニョン州人権局長のフランシスコ・ゴンサウヴェス氏は、密航者の多くは脱水症状、高血圧の状態にあるとし、「マラニョン州政府は、漂流者に食料と安心して眠れる場所を提供する。この措置は連邦政府が彼らの処遇を正式に決めるまで続けられる」と語った。密航者たちには、基礎的な医師の手当ても施されている。
 2人のブラジル人は、営利目的で集団密航を幇助した罪で現行犯逮捕された。
 連警のフランシスコ・シャベス警部は、密航者たちはリオ・グランデ・ド・ノルテ州のナタールを目指していて、その後はリオ市やサンパウロ市で職を探す計画だったと語り、本国で出会った密航請負人に、旅費として1千ユーロを支払ったことも明らかにした。同警部によれば、密航幇助で逮捕されたブラジル人2人はリオ州出身で、カーボベルデで船を購入したという。
 密航者たちはマラニョン州都サンルイス市に身を寄せており、難民として入国許可を求めている。彼らの難民申請は、法務省が審査する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人2021年3月4日 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人  サンパウロ州は2日の死者が過去最多の468人増え、累計も6万14人となった。一般病室も含めた入院患者が1万6千人を超え、UTI占有率が75・3%となった。  同州は3日に規制を強化し、6~19日の14日間は全州を赤レベルとすると発表した。ただ、親が医療従事者である場 […]
  • 東西南北2021年3月4日 東西南北  ボルソナロ大統領が、イスラエルで癌治療用に開発され、「コロナにも効く」と噂される鼻から吸引のスプレーに興味を抱き、6日にエルネスト・アラウージョ外相らを派遣し、ブラジルでの第3段階の治験を行うための交渉を行わせる。人口約900万人とサンパウロ市よりも少ないイスラエルでは、ワク […]
  • JH=日本への交流・留学フェア=20校以上参加、相談会も2021年3月4日 JH=日本への交流・留学フェア=20校以上参加、相談会も  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は「日本国内における交流・留学フェア」(FIEJ、https://www.feiradojapao.com/)の公式企画の一環として3月4日と8、9日にウェビナーを同館ユーチューブやエアミー […]
  • 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時2021年3月4日 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時  暗いニュースは書きたくないし、読みたくない。だが、実態を知らなくては戦えない。最悪の状況だからこそ、何が起きているかを知らなければならないと思う。  米国大統領選最終日、マスクも着けないトランプ氏をマスク不着用で迎えた熱狂的な支援者を見て、感染者や死者が増えると考え […]
  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]