ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル政府》公社9社の民営化を発表=「ただし簡単ではない」と予防線も

《ブラジル政府》公社9社の民営化を発表=「ただし簡単ではない」と予防線も

民営化発表会見時のセイリエール局長(左)と、ロレンゾーニ官房長官(中央)、デ・フレイタス局長(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 【既報関連】ブラジル連邦政府は21日、郵便公社(Correio)、テレブラス、サンパウロ州埠頭公社(Codesp)、社会福祉データ処理公社(Dataprev)、連邦データ処理サービス会社(Serpro)、保証基金運営と保証公社(Abgf)、資産運用会社(Emgea)、先端電子技術センター(Ceitec)、サンパウロ州食糧保管センター公社(Ceagesp)などの公社9社を民営化すると発表した。21、22日付現地各紙が報じた。
 政府はこれら9社を官民投資計画(PPI)の対象公社に含めた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ