ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に

リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に

 9日午前、リオ市で、銃の流れ弾が当たって、バス停にいた18歳の男子生徒が亡くなった。9日付現地サイトが報じている。
 現場はリオ北部のチジュッカ区で、亡くなったのは高校3年生のガブリエル・ペレイラ・アウヴェスさんだ。
 事件が起こったのはこの日の午前7時20分頃で、ガブリエルさんはバス停で女性の友人と学校までのバスが到着するのを待っていた。
 その友人は近くにあるモロ・デ・ボレル(ボレルの丘)で銃撃戦が行われているのを耳にして、危険だからかがむよう、バス停にいた人に注意を促したという。だが、ちょうどそのとき、ガブリエルさんは胸に銃弾を受け、胸に手を当てたまま倒れたという。
 ガブリエルさんは近くの病院に運ばれたが、到着した頃にはすでに息を引き取っていた。
 この銃撃戦は警察が絡んだものと判明。ガブリエルさんの一家を知っているリオ州議のモニカ・フランシスコ氏は、「なぜ、このような時間に捜査を行うのか」と疑問を呈した。近隣住民も不満の意を示し、昼前にコンデ・デ・ボンフィン通りの二車線を通行止めにするなどして、抗議の意を表明した。
 ガブリエルさんの父親はちょうど、この日が誕生日だったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散2020年3月11日 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散  新型コロナウイルスが世界中に拡散し、各国政府や保健当局が対応に追われている中、不安に駆られた市民の間で、コロナウイルスに関する嘘の情報“フェイクニュース”が拡散されている。  ブラジルメディアは、「Sarsが騒がれた2003年は、今日世界に普及しているSNSは何も存在しなか […]
  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆2020年3月11日 ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆  パラグアイで偽造パスポートなどを使い、6日に実兄と共に逮捕されたサッカーの元名選手ロナウジーニョに関し、セルジオ・モロ法相がパラグアイの内務相と連絡を取り、釈放の可能性などについて尋ねたことが明らかにされた。  ブラジルでも9日に、モロ法相が「ロナウジーニョの事件の詳細や両 […]
  • ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で2020年3月10日 ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で  ブラジルのサッカー史を代表する名選手として知られたロナウジーニョ・ガウッショが6日夜、偽造パスポートの使用で実兄と共にパラグアイの首都アスンシオンで逮捕された。7日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  ロナウジーニョとマネージャーの兄アシス氏は4日、パラグアイ発行で、本 […]
  • 本田のブラジル・デビュー、おあずけ=風邪で体調崩し、練習休む2020年3月10日 本田のブラジル・デビュー、おあずけ=風邪で体調崩し、練習休む  本田圭佑(ボタフォゴ)のブラジル移籍後初の試合が、本人の発熱のために延期されることになった。  本田は当初、本拠地のニウトン・サントス・スタジアムで10日に行われるブラジル杯、対パラナー戦に出場する予定だった。  だが、週末に発熱し、トレーニングへの参加も2度取りやめた。 […]