ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーW杯ロシア大会まで1カ月=2014年のブラジル大会向け工事は今も未完成

サッカーW杯ロシア大会まで1カ月=2014年のブラジル大会向け工事は今も未完成

スタジアムだけはギリギリ間に合ったが、「W杯を利用しての都市整備」は多くが実現していない(参考画像・Clube Atletico Paraneense/Portal da Copa)

スタジアムだけはギリギリ間に合ったが、「W杯を利用しての都市整備」は多くが実現していない(参考画像・Clube Atletico Paraneense/Portal da Copa)

 ロシアW杯開幕まであと21日となったが、4年前のブラジル開催W杯のために計画されたインフラ整備工事が、開催11都市でまだ終わっていないと、23日付ブラジルニュースサイトが報じた。
 ブラジルW杯の開催都市は12で、インフラ工事が全て終了したのはリオ市だけだ。しかしこれも、14年のW杯までに完成した訳ではなく、遅れての完成だった。遅れながらも何とか完成した理由は、リオ市では16年に五輪も開催される事が決まっており、W杯に間に合わなかった諸計画も、中断することなく続けられたからだ。
 未完成の計画の多くは、市街地の交通網に関連した事業と、空港の拡張や改善だ。資金不足、請負い会社の問題、工事途中での契約解除、法規的問題による工事中断、土地の収用問題などが、工事完成の遅れの原因に挙げられている。
 サンパウロ市では、市内南部のコンゴーニャス空港とモルンビ競技場を結ぶモノレール17号線計画があったが、試合会場がモルンビ競技場でなくなったため、延期された。19年内には計画区間の一部が完成する予定だ。
 空港の拡張やリフォーム計画が未完成なのは、ベロ・オリゾンテ、フォルタレーザ、サルヴァドールの3都市だ。
 五輪のため、リオ市では何とか完成した新型路面電車(VLT)や、専用レーンを使ったバス交通システム(BRT)の整備計画。これが、クイアバ、ブラジリア、フォルタレーザ、マナウス、サルヴァドールでは、いまだに中断したままになっている。
 未完成の事業には、近郊地域との連絡網整備やスタジアム周辺の市街地化なども含まれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手2017年12月19日 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手  2007年のサッカー世界最優秀選手で、サンパウロ市出身でもあるカカー(35)が17日、現役生活を引退することを発表した。18日付現地紙が報じている。  1982年に連邦直轄区で生まれたカカーことリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイテは、生後まもなくクイアバに移 […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]