ホーム | 日系社会ニュース | 柿組合「このままだと大損害」=久枝農場「牛の出荷できない」

柿組合「このままだと大損害」=久枝農場「牛の出荷できない」

聖南西で生産された立派な柿

聖南西で生産された立派な柿

 トラック・ストは収束しつつあるが、まだ各地に深い傷跡を残している。
 聖南西のパウリスタ柿生産者組合の森岡明会長は、「このままだと柿が大損害」と気が気ではない様子。同組合は聖州ピラール・ド・スール市とサンミゲル・アルカンジョ市を中心に約40の農家が加盟し、生産物の販売を共同で行っている。
 森岡会長は「柿は収穫すると痛んでしまうから、全体の40%をまだ木につけたままにしている。それでもあと2日くらいで収穫しないと熟しすぎて売れなくなってしまう」と気を揉んでいる。
 また、仕分けとパック詰めのために10人以上を雇っているが、収穫しておらず作業がないため休ませている。「休んでいる間も給料を払わないと、法律に違反する。早く再開しないと損失が大きくなるばかり」と肩を落とした。
 ヨーロッパとカナダに輸出している高級アテモイアはすでに収穫して1週間が経つが、トラックが来ないために、グアルーリョス空港に運ぶことができず山積みになっている。
 「金曜日に空港に運べれば輸出できるけど、それ以降だと古くなりすぎるから国内販売用に切り替える。売り物にならないよりはましだけど、国内だと売値が安くて利益がぜんぜん違う」と残念そうに話す。
 一方、マットグロッソ・ド・スル州都カンポ・グランデ市で農場を経営する久枝俊夫さんは、「牛を全く出荷できない状況」と話す。和牛約4500頭を飼育し同市で販しているが、「燃料がなくてトラックが動かないから牛を屠殺場に運べないし、肉を加工する工場も止まっている。出荷が出来ないと収入がない。早く復帰してほしい」とため息をついた。
 同農場で使う飼料は自家製。「農場で育てた牧草を牛に食べさせているから不足していない」と言う。
 ただし、「他の多くの農場では飼料を買って牛に与えている。収入がない上に飼料代がかさみ、相当参っているのではないか。それに農場に貯蔵できる量には限りがあるから、いつまで持つか」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売2019年10月1日 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売  2012年にモジ市中心部にオープンしたMNラーメンは開店から7年がたち、独自の進化を続け、その評判は地元ブラジル人にも知れ渡って来た。何が進化と言えば、親会社のMNプロポリス社(和田カルロス社長)は、2018年には有機味噌、今年は本醸造有機丸大豆甘口しょうゆ「伯魂」を […]