ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス(平田アンジェラ館長)は、企画展『Aroma&Flavor(香と味)』を6月5日から9月30日まで開催する。「第五の味」と賞される日本人が発見した旨みや香りを嗜む香道など、日本を象徴する香りや味の多様性について探求できるようになっているという。本展では、嗅覚のアーティストである上田麻希氏が手掛ける「嗅覚のための迷路」という、嗅覚を頼りに桜の香りを見つけていく体験型の展示も。上田氏による講演会「香りのアート」は、6日午後7時から同館で行われる。入場無料。整理券は、開始1時間前から配布される。
     ◎
 今週日曜日、今年で22回目となるゲイパレードが聖市のパウリスタ大通りで開催される。主催者によると昨年300万人近くが集まった世界最大級のゲイイベントだ。今年のテーマは「選挙」で、スローガンは「LGBTIL+の力、私たちの投票、私たちの声」。LGBTIL+は「レズビアン」「ゲイ」「バイセクシュアル」「トランスジェンダー」「インターセックス」その他、性的少数者を意味する。スリなどの犯罪被害が多いことも予想されるので、もしも出かける際はご注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]