ホーム | 日系社会ニュース | 生物学研究所で珈琲収穫祭=山本喜誉司論文寄贈に感謝

生物学研究所で珈琲収穫祭=山本喜誉司論文寄贈に感謝

式典の様子(提供写真)

式典の様子(提供写真)

 【既報関連】聖州農務局生物学研究所(アントニオ・バチスタ・フィリョ所長)は先月24日、同研究所の珈琲園で毎年恒例の「Sabor da Colheita(収穫の味わい)」を開催した。
 これは聖州が珈琲収穫の時期に入ることを祝し、毎年この時期に開催されるイベント。一般向けに同研究所が開放され、珈琲の収穫体験や栽培から加工に至るまで全ての過程について学ぶことができる。
 式典で挨拶したアントニオ所長は、東山農場の初代場長だった山本喜誉司氏(文協初代会長、1892-1963年、東京都)のコーヒー樹の害虫駆除の研究に関する博士論文の複写が、先月16日に寄贈されたことに言及、謝意を述べた。
 また日本移民110周年を迎えることにも触れ、「現在、研究所で働く日系人の研究員、職員の数が110人おり、奇しくも符合している」との話もあった。
 式典には中野直樹副領事も出席し、招待客による桜と珈琲の苗の記念植樹が行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=聖州生物学研究所に複写贈呈2018年5月25日 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=聖州生物学研究所に複写贈呈  東山農場(三菱系)の初代場長だった山本喜誉司氏(文協初代会長、1892―1963年、東京都)は終戦直後、コーヒー樹の害虫駆除の研究をして論文(日本語)に書き、母校・東京大学から農学博士号を取得していた。その論文の複製が、没後55年の歳月を経てようやく当地に戻ってきた。 […]
  • ■訃報■荒木克弥さん2018年9月18日 ■訃報■荒木克弥さん  アルジャー文化協会会長、山形県人会会長などを歴任した荒木克弥さんが12日夜にアルジャー市内の病院に運び込まれ、死亡が確認された。享年80歳。死因は肺炎だった。  荒木さんは1937年10月24日、山形県生まれ。東京農業大学に入り、在学中米国カリフォルニア州で農業実習 […]
  • 山本喜誉司賞、推薦受付始まる=締め切りは6月20日まで2017年5月19日 山本喜誉司賞、推薦受付始まる=締め切りは6月20日まで  山本喜誉司賞選考委員会(山添源二委員長)による『第47回山本喜誉司賞』の候補者推薦の受け付けが始まった。農業分野の日系功労者を顕彰するもので、推薦の締め切りは6月20日。  選考基準は「技術革新への貢献」「独創性・創意への先駆的貢献」「農業者が獲得した成果の波及への […]
  • 工夫凝らす日系農家の取り組み=山本喜誉司賞、推薦受付始まる2018年4月24日 工夫凝らす日系農家の取り組み=山本喜誉司賞、推薦受付始まる  山本喜誉司賞選考委員会(長井邦夫委員長)による『第48回山本喜誉司賞』の候補者推薦の受付けが始まった。農業分野の日系功労者を顕彰するもので、推薦の締切りは6月26日まで。 […]
  • 中野、樽本両氏晴れやかに=第46回山本喜誉司賞授賞式2016年11月29日 中野、樽本両氏晴れやかに=第46回山本喜誉司賞授賞式  第46回山本喜誉司賞の授賞式が(11月)11日夜、文協貴賓室で行なわれた。聖市生まれの中野マリオさん(88、二世)と、聖州プレジデンテ・プルデンテ出身の樽本健三さん(80、二世)が栄誉に浴し、晴れやかな表情で式典に臨んだ。  選考委員会の山添源二委員長や中前隆博総領 […]