ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本人のジャーナリスト、Willie Whopperさん(ペンネーム)による「日本におけるブラジル音楽の歴史、1938年から2018年」と題された講演が、19日午後7時半から「SECS Centro de Pesquisa e Formação」(Rua Dr. Plínio Barreto, 285 – 4º andar, Bela Vista)で行われる。Willieさんは『リアル・ブラジル音楽』『音楽でたどるブラジル』などの著者で、ブラジル音楽に精通。これまでにブラジル大使館で講演したこともある。今回は日本におけるブラジル音楽の軌跡を紹介する。参加希望者はサイト(http://centrodepesquisaeformacao.sescsp.org.br/atividade/historia-da-musica-brasileira-no-japao-de-1938-a-2018)から事前申し込みすること。
     ◎
 日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第43号が6月に刊行された。「物は世につれ…」(梅崎嘉明)には、本紙コラムで昔「いつ頃から移民はパンツをはく様になったか」という問いかけがあったのに答え、《その頃の青少年はパンツの言葉は知っていてもあまり使わず、普及したのは戦後のようだ》とある。梅崎さんは1932年に10歳で渡伯した子供移民。神戸の移民収容所では《上陸の折には着物を使用しないで洋服にしてもらいたいとか、初歩的なブラジル語を教えたりしていた。パンツまでは強要していなかった》とのこと。《私のオヤジなどは入植後もずっと褌に地下足袋、巻きゲートルで仕事を続けていた》とも。サントス港で笠戸丸から下りた移民たちも、洋服は着ているが下は褌だったようだ。さすが生き字引だけあって貴重な証言。そのようなエッセイが36篇も。問合せは日毎叢書企画出版(電話11・3341・2113)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置い […]
  • 大耳小耳2016年8月2日 大耳小耳  宮崎県小林市の伊勢戸章生さんが、ブラジルに移住した親戚を探している。親戚の名前は「中山儀平」、その息子「中山義昭」の二人。兵庫県人らしい。伊勢戸さんの祖母が義昭のいとこに当たり、「会いたい」と言いながら亡くなった。そこで伊勢戸さんは遺志をついでぜひ会いたいと考えており、二人の […]
  • 大耳小耳2017年10月18日 大耳小耳  ブラジル日本文化福祉協会女性コーラス部が、28日午後4時半から、バウルー市パロッキア・コラソン・デ・ジェズス(Rua Dr. Romildo Brunharl, […]
  • ■今週末の催し2015年10月15日 ■今週末の催し  土曜日(17日) 青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152)     ◎ キリスト教連盟熟年一日研修会、午前9時、ホーリネス教団リベルダーデ教会(Rua Pirapitingui, 165)     ◎ 文協総合美術展、午前10時、文協(Rua […]