ホーム | イベント情報 | FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も

FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も

盛り上がる観客

盛り上がる観客

 FIESP(サンパウロ州工連)とSESI(社会工業サービス)の共催で、ブラジル日本移民110周年記念ショーが10日午後、パウリスタ大通りのFIESP文化センター前の特別ステージで開催された。歩行者天国となった同日、多くの通行者が足を止めて、日本文化公演を楽しんだ。
 同ショーは午後1時から始まり、健康体操や平田ジョーなどが観客を盛り上げた。午後2時半頃には菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典実行委員長がステージに上がった。
 今年の日本移民110周年と眞子さまのご訪問について説明した菊地実行委員長は「今年は多くの110周年を祝う行事があるので、皆さんも是非参加を。ビバ・ブラジル!ビバ・ジャポン!」と会場を盛り上げ、来場に感謝を述べた。
 その後、レキオス芸能太鼓や鳥取のしゃんしゃん傘踊りなどが発表。音楽に合わせ踊り、リズムを取って楽しむ人も見られた。ひまわり太鼓の演目では女性が中心となり迫力の演奏を見せ、観客は歓声や拍手を送った。
 日が暮れた頃、サンバチームのアギア・デ・オウロ、琉球国祭太鼓が立て続けに出演、最後の演目となった琉球国祭太鼓のカチャーシーではアギアと共演した。観客の間に沖縄伝統舞踊の太圭流華の会が入り、一緒に踊るなどして場を盛り上げた。演奏が終わるとあちこちで大きな歓声や拍手が起こった。
 滝川エミリアさん(69、二世)、村上ミツイさん(72、二世)、ノリオさん(80、二世)は「健康体操など参加できるものもあって楽しかった」と嬉しい様子。
 最後のカチャーシーまで楽しんだマリア・テレザさん(74)は「日本文化は好きだけど、110周年については知らなかったので驚いた。サンバと太鼓の共演もおもしろかったわ」と笑顔を見せた。
 なお、移民の日の18日午後7時から翌19日の午前6時まで、日本移民110周年を祝って、FIESP文化センターの電飾付きの壁に日本国旗が映しだされる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「成功だが菊地氏に依存しすぎ」=110周年祭典委員会が反省会=サンパウロ市会場「もっと眞子様と身近に」2018年11月24日 「成功だが菊地氏に依存しすぎ」=110周年祭典委員会が反省会=サンパウロ市会場「もっと眞子様と身近に」  来月2日の紅白歌合戦で閉幕を迎えるブラジル日本移民110周年記念祭典――一足先に、この祭典事業の総括として「反省会」が、21日、文協貴賓室で催された。110周年祭典を好評する声が多数を占める一方、資金調達では菊地義治実行委員長個人に過度に依存した体制となっていたことが […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列2018年6月20日 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列  最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次 […]
  • 「移民の日」によせて=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美2018年6月20日 「移民の日」によせて=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  6月18日。毎年この日が来ると、私は決まって身の引き締まる思いがいたします。  特に今年は格別な思いで、この日を迎えました。なぜなら皆さんごも存知の通り、初めてのブラジル日本移民781名を乗せた笠戸丸がブラジルに到着してから、110年という節目の年であるためです。 […]