ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本紙でもしばしば報じてきた刑務所暴動について、設備の老朽化や過密収容、軽度の犯罪者を重犯罪者と同じ場所に詰め込むなどの問題が指摘されている。18日にはラケル・ドッジ連邦検察庁長官が、「『刑務所問題』が政治的課題として扱われない。優先度が低くされている事が問題」と発言した。政治家が動かないのは、刑務所問題に取り組んでも得票に繋がり難いからだ。刑務所問題は治安回復にも直結する。有権者が政治家に働きかける事が重要だ。
     ◎
 盛り上がり不足が心配されたW杯サッカーだが、先週末からは旗や応援用のシャツなどの売り上げも伸びてきた。「開幕の週の始めから品物を仕入れて売り始めたけれど、14日(木)に開幕しても全然売れず。17日(日)のセレソン初戦と重なった週末からやっと売れ始めた。やはりブラジル人はギリギリまでその気にならないね」と応援グッズを路上で売る商人も安堵のため息。
     ◎
 高さ63メートル、横幅17メートルに及ぶセレソン応援旗が、サンパウロ市北部フレゲジア・ド・オーの集合住宅にかけられ、話題となっている。緑、黄色、青の布地にW杯トロフィーと5回の優勝を示す五つ星、ブラジルサッカー連盟のマークが描かれた巨大な旗は、23階建ての二つの棟の間に吊るされている。共同住宅の住民たちは、1998年のフランスW杯からこの巨大旗の企画を始めた。カンパを募って2万3千レアルを集め、旗だけでなく、大型スクリーンをレンタルしての観戦パーティーも企画しているとか。セレソンも金曜の次戦は、住民の思いに勝利で応えられるか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • 東西南北2020年11月5日 東西南北  3日に行われた米国大統領選は稀に見る大接戦となり、4日昼現在でも7州で決着がついていない。3日から翌4日朝にかけては、ブラジルでもテレビ、新聞共にこの話題一色。ブラジルの場合、ボルソナロ大統領がトランプ氏を敬愛している関係だけに、同氏が勝利するか否かで対米関係が大きく変わって […]