fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ブラジルの糖尿病患者は人口の8・9%に及び、患者の数も2006年~2016年の10年間で61・8%増えた。以前は、自分が糖尿病だと診断されようものならそれを恥と思い、人に隠す風潮があった。だが、現在はそれをタブー(禁句)とせずに堂々と打ち明け、ネット上でもオープンに糖尿病について語り、事故などに遭った時も処置に誤りが生じないよう、「私は糖尿病」「血液型は○」と刺青する人も出てきている。自分の糖尿病経験を公開している男性は、「より多く語られるほど、人々の理解も深まる」と語っている。
     ◎
 ブラジル人の若者の「教師離れ」が進んでいる。15歳の生徒たちに将来なりたい職業を尋ねたところ、「教師」と答えたのは2・4%のみだった。10年前は7・5%だったから、3分の1以下だ。「あまり裕福でない家庭で育った僕には教師になることは決して悪いアイデアではないけれど、学校の友達はもっと儲かって、社会的地位の高い職に就きたいみたい」と語る。選挙年の年は特に、「ブラジルは教育の充実が課題」と至る所でメッセージが流れるが、若者に教師になりたいと思わせるような施策も必要だ。
     ◎
 22日のコスタリカ戦を2対0で制したセレソンは、27日に一次リーグ突破をかけてセルビアと戦うが、コスタリカ戦でネイマールの決めた2点目をアシストしたダグラス・コスタが右太ももの負傷で戦列を離れた。復帰の目処は立っておらず、最悪の場合は、このままW杯の残り試合に出られない可能性もあるという。右サイドバックのダニーロも故障中。セレソンは早くも正念場だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]