ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサンパウロ市東部ペーニャで行われていた高齢者190人のダンス・パーティが含まれている。一連の摘発で州は29万レアルの罰金を徴収した。「コロナで過去最大の死者が出ている」とテレビなどでもさんざん報道されている中で、自覚のない市民の行動が続くのはいかがなものだろう。ドリア知事は外出自粛規制のさらなる強化を示唆しているが、取り締まりも強化されそうだ。
     ◎
 そのドリア知事が1日に出した知事令で、教会でのミサや礼拝を「不可欠な行動」の中に含むことを決めた。つまり、教会に行くことを、スーパーの食品売り場や薬局、ガソリンスタンドに行くのと同じ扱いにしたということだ。信仰心が強い人にとっては、宗教的な行動は何にもまして優先さるべきことかもしれないが、群れを作り、マスクを着用しない人たちの割合も高いことはかねてから指摘されている。感染拡大の原因にならなければ良いのだが。
     ◎
 先週末にはじまったサッカーのサンパウロ州選手権は早くも2節目。今日3日にはいきなり、コリンチャンス対パルメイラスという大きな目玉の試合が行われる。この試合は伝統カードでは初めて、女性主審が登場することでも話題となっている。試合はもちろん無観客だが、最近はこうした大きな試合の場合、ファンが別の場所に集まって大勢でテレビ観戦する場合もあるので注意が必要になりつつある。自宅でゆっくり観戦を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月26日 東西南北  連邦政府による緊急支援金支出がどのようなものになるかが大いに注目されているが、それより先にサンパウロ市が行う緊急支援金が25日から支給されはじめた。この支援金は100、もしくは200レアルが3、4、5月の計3回支払われるもの。100レアルの方は昨年の9月30日までにボルサ・フ […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]