ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーW杯=ブラジル人解説者もおかんむり=日本の戦い方を消極的と批判

サッカーW杯=ブラジル人解説者もおかんむり=日本の戦い方を消極的と批判

日本は2戦目までに積み上げた勝ち点4がモノを言い、最終戦に敗れたがベスト16進出を決めた。(RFS/RU)

日本は2戦目までに積み上げた勝ち点4がモノを言い、最終戦に敗れたがベスト16進出を決めた。(RFS/RU)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)第15日目、一次リーグ最終日となった28日、H組の日本はヴォルゴグラードでポーランドと対戦し、0対1で敗れたが、同時刻に行われたセネガル対コロンビア戦でコロンビアが1対0で勝利したことで、セネガルと勝ち点、得失点差、総得点が並び、「3試合通じて、よりイエローカードが少なかった」という珍しい規定でH組2位となり、2大会ぶりのベスト16入りを果たした。
 ポーランド戦での日本は、第1戦、第2戦で見せたような躍動感のある試合は見せられず、ブラジルのTV解説者は、「日本は1戦目、2戦目のような動きができていない」「引き分け狙いで消極的な試合」とこき下ろした。後半14分にポーランドに先制を許すと、「勝てるはずなのに消極的に戦ってしまった報い」と批判はエスカレートした。
 後半29分にコロンビアが先制し、「このまま日本がポーランドに0対1で負けても、セネガル対コロンビアのスコアが1対0のままで動かなければ、日本が2位」という状況になったため、日本は後半40分頃から攻撃する事を放棄し、後ろでボールを回し始めた。
 2連敗でこの試合を迎え、「最終戦でせめて1勝」の気持ちで戦っていたポーランドも、「それで勝てるなら」と、日本が後方で回すボールを追いかけず、スタジアムには大ブーイングがこだました。
 解説者の批判のトーンは頂点に達し、「恥知らずな行為。セネガル対コロンビアの結果はコントロールできない。いつセネガルが1対1に追いついて、日本が敗退になるかもしれないのに、なぜ日本は同点を目指さないのか?」とこき下ろした。
 結果的に、セネガル対コロンビア戦は1対0でコロンビアの勝利のままで終わり、日本のH組2位が決まったが、解説者はなお、「日本は素晴らしい国で人々も礼儀正しい。今大会初戦と2戦目の出来も良かったが、今日の試合はいただけない」と語った。
 他国からは共感を得られにくい戦い方だったが、初戦コロンビア戦、第2戦セネガル戦は堂々たる戦いで勝ち点4を確保していたし、クリーンに戦い、イエローカードを多く受けていなかったから、そして第3戦も、前の試合から中三日、気温35度という過酷な条件下で、ポーランド相手に(大差をつけられることなく)最後まで僅差の試合をしたから、日本に「あと10分、0対1のまま試合を終わらせればOK」という選択肢が残っただけと考えれば、誰に批判される筋合いの事でもないはず。
 ともかく、これで日本は決勝トーナメントでブラジルと同じブロックに入った。一回戦で日本がベルギーに勝ち、ブラジルがメキシコに勝てば、両者は準々決勝で激突する。
 まずはベルギー戦を突破して、ブラジル相手に堂々と渡り合い、「消極的」「恥知らず」と評したブラジル人解説者の鼻を明かすことはできるだろうか?   (規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]
  • ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」2019年2月14日 ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」  元サッカーイングランド代表GKとして、1966年に地元開催のW杯で優勝に貢献、次の70年メキシコ大会ではサッカー史に残るスーパープレーを見せたゴードン・バンクス氏が12日に81歳の生涯を終えたと、12、13日付ブラジルメディアも大きく報じた。  バンクス氏のスーパー […]
  • 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり2019年2月12日 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり  チリで行われた、サッカーU20南米選手権の最終ラウンド第5節で、U20ブラジル代表はアルゼンチンに1対0で勝利した。しかし、最終ラウンド5試合の総合成績は1勝2分2敗の勝ち点5、6チーム中5位に終わり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出 […]