ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル最高裁》同性愛者への差別は違憲と判断=議会での審議の遅れも批判

《ブラジル最高裁》同性愛者への差別は違憲と判断=議会での審議の遅れも批判

最高裁大法廷での審理の様子(Nelson Jr./SCO/STF)

最高裁大法廷での審理の様子(Nelson Jr./SCO/STF)

 【既報関連】ブラジルの最高裁が13日、同性愛者らへの差別を人種差別と同様の犯罪行為とみなす事を決めたと13、14日付現地紙、サイトが報じた。
 同性愛者、両性愛者、性転換者、女装男性(LGBT)らに対する差別は、言葉や態度による侮蔑、暴行などの形で表面化する。近年は同性愛者らを殺害する事件も増えるなど、社会問題としての深刻さも増していた。
 13日の審理では5月23日に始まった投票が継続され、最終的に8対3で、同性愛者らに対する差別行為は憲法の下に定められた平等の精神などに反し、人種差別に準ずる犯罪行為とみなす事が決まった。同性愛者らへの差別行為で断罪された場合は、1~5年の刑が科される事になる。
 最高裁判事の大半は、少数派市民にも基本的な人権を認めるべきという点と共に、同性愛者への差別行為を人種差別同様の犯罪行為と定めるには議会での法制定が必要との認識で一致した。
 つまり、最高裁の決定は法的に差別行為を犯罪と定めるものではなく、あくまでも憲法を遵守するための判断で、議会が速やかに、同件に関する法令を作成、審議する事も求めた。
 同件に関する審理は2月に始まった。5月23日の投票は、上院憲政委員会が同件に関する法案審議を進めている事を認めつつ、議会の動きが社会の要求や実態について行っておらず、同性愛者らの権利を守る必要があると判断し、審理継続を決めた上で始まった。
 同件に関しては、宗教上の理由で聖職者や信者が同性愛などについて否定的な発言を行った場合は処罰の対象とはしない事も確認されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(41)2018年9月12日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(41)  有田は台に残されたパンを私達に渡し、例のパンを適当に五つに分けて配った。つまりパン一個を横領したのである。将校がやった横領は、そのために多くの兵を餓死させた。今、下士官が見せた横領は、将校のやったことと比べれば、罪に入らないほど僅かな横領である。私はそのように都合の良い理屈を […]
  • 名画友の会=忘年会と鑑賞会2010年12月16日 名画友の会=忘年会と鑑賞会 ニッケイ新聞 2010年12月16日付け  名画友の会(五十嵐司、松平和也両世話人)は27日午前11時から老ク連会館(R. Dr. Siqueira Campos, 134)で、第235回鑑賞会および忘年会を行う。 […]
  • コラム 樹海2005年7月13日 コラム 樹海 […]
  • 《ブラジル》=2月の国庫収入は1150億レアル=企業業績若干回復で記録更新2019年3月22日 《ブラジル》=2月の国庫収入は1150億レアル=企業業績若干回復で記録更新  ブラジル連邦国税庁は21日、2月の連邦税その他の国庫収入は1150億6200万レアルだったと発表した。 この記録は昨年同月比で5・36%増(インフレ調整済)で、2月としては、1994年のレアルプラン採用以降、最高値だった。 国税庁が直接管理する税収や各種積立金徴収の合計は11 […]
  • 2010年6月29日 ■ひとマチ点描■コッパでカツ! ニッケイ新聞 2010年6月29日付け […]