ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サンタカタリーナ州で初雪=サンパウロ市では今月一番の寒さ

《ブラジル》サンタカタリーナ州で初雪=サンパウロ市では今月一番の寒さ

うっすらと雪が積もった野原(Dionata Costa/FDS – São Joaquim Online)

うっすらと雪が積もった野原(Dionata Costa/FDS – São Joaquim Online)

 サンタカタリーナ州山間部で10日未明、今年初めての雪が降り、わずかだが積もったと同日付現地紙サイトが報じた。
 初雪を観測したのは、ラウロ・ムレル市のリオ・ド・ラストロの丘とウルペマ市のトーレスの丘、サンジョアキン市、ボン・ジャルジン・ダ・セーラ市のイグレジャの丘、ウルビシ市のヴァッカス・ゴルダス地区で、どの地区でも、盛り土や看板、車の屋根などに数センチの積雪を見た。
 同州では、それ以外の市でも最低気温が5度以下の所が続出。山間部や南部では弱い雨も降ったが、日中は乾いた大気が入って、太陽も顔を出した。ただ、海上は強風のため、荒れ模様で、高波も観測された。
 サンタカタリーナ州に雪などをもたらした寒冷前線が南東部の海岸部を進み、冷たい大気が流れ込んだため、サンパウロ市では10日の最低気温が10度程度。朝9時の気温も11・6度と、7月に入って最も寒い朝となった。同日午後の最高気温も、今年最低だった6月16日の15・8度を下回ると見られている。
 予想では、10日から11日にかけては更に気温が下がる見込みで、夜間の警戒態勢が敷かれる可能性がある。
 なお、今年一番の冷え込みを観測したのは、最低気温8度を記録した5月21日の未明だった。
 10日はリオ市でも、寒冷前線の影響で気温が上がらず、高波や強風を観測した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南部3州で厳しい冷え込み=国立気象観測所が警告発す2018年6月8日 《ブラジル》南部3州で厳しい冷え込み=国立気象観測所が警告発す  国立気象観測所(Inmet)が7日、ブラジル南部の3州では、9日まで、最低気温が5度以下の日が続く可能性があると警告を発した。  サンタカタリーナ州では、7日朝7時30分現在の気温が5度以下だった市が42あり、野原や畑が霜に覆われた。  最も寒かったのは零下3・8 […]
  • 《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発2017年7月20日 《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発  アルゼンチンの冬の観光地バリローチェでは、空港閉鎖の事態も起きるほど、強い寒波に覆われている南米南部だが、ブラジルでも、19日はサンタカタリーナ州ボン・ジャルジン・ダ・セーラで今年最低のマイナス8・8度を記録。南部、南東部を中心に厳しい寒さが広がっている。  国立気 […]
  • 大型寒波で雪だるま登場=サンタカタリーナで零下続出2018年5月25日 大型寒波で雪だるま登場=サンタカタリーナで零下続出  大型の寒波が到来し、サンタカタリーナ州の山間部では、最低気温が零下を記録した町が続出。霜を集めて作った雪だるままで登場した。  りんごの里として知られるサンジョアキン市のペリコ渓谷では、24日未明に零下6・5度を記録した。同市では、市街地でも零下5・2度を記録してお […]
  • サンタカタリーナで初雪=ウルペマとサンジョアキンで2017年6月10日 サンタカタリーナで初雪=ウルペマとサンジョアキンで  ブラジル南部では、記録的な雨の後に強い寒気が流れ込み、急速に気温が下がったのを受け、サンタカタリーナ州の山間部では、今年初の降雪を見た。  寒冷前線の通過で、ブラジル南部では、8日も大雨や突風(一部では竜巻だったとの報道も)の被害が報告されていたが、湿気を帯びた空気 […]
  • フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定2017年5月24日 フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定  リオの名門サッカークラブ、フラメンゴの弱冠16歳のFW、ヴィニシウス・ジュニオールが4500万ユーロ(55億8千万円相当)の移籍金でレアル・マドリードに移籍すると公式発表された。  現在16歳のヴィニシウスは、18歳の誕生日となる、2018年7月12日をもっての移籍 […]