ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(22)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(22)

 三日目にはノルマ五本を達成し、以後順調に伐採は進んでゆく。平穏な日々が過ぎカンボーイは一度も『ダバイ』(早くしろ)と怒鳴ることはなく、終日焚火にあたりながら時々、猟に林の奥へ出掛けた。銃声は聞こえるけれども獲物を持ってきたのは、一度も見たことはなかった。
 その日は朝から荒れ模様の天候であった。伐採場へ着いた頃から、横なぐりの猛吹雪に変った。奥の方に大焚火をつくり、時々手足を暖めながらの作業になった。荒れ狂う吹雪は、白樺林の中を通り抜ける。焚火の焔が千切れ飛んだ。
 風向きの変化で木の倒れる方向が狂ったが、幸い一人も怪我がなく、暗くなる頃にはノルマを終えた。抑留期間中、もっとも充実した仕事をこなし、最低ながらもっとも優遇されたにも拘らず、復員後に思い出す風景は、絶対にあり得ない赤土の小道を行く伐採班の姿であった。見渡す限り白雪一色の光景に覆われていたあの伐採地は、記憶のそこに隠されてしまうのであった。

   二、シラミ退治

 暗くなると石油ランプがともる。鉄製のペーチカが紫色に変るほど薪を燃やす。だれもがシラミを飼っているのではないかと思うほど、取りつかれていた。夜は各人交替で虱退治に専念した。まず着衣を全部脱いで素裸になる。シャツを裏返して縫目を両手でピンと張る。ぺーチカの煙突すれすれに近付け、素早く動かす。成虫も卵もプチプチと音をたてて弾けた。
 時には手許が狂って、貴重な衣服に焦穴をあけることもあった。そうして全滅させたはずのシラミは、数日過ぎると、當然のように縫目にならんでいた。

   三、監督と樵

 思いがけずノルマを早く達成した日の夕方、宿舎に帰ってもすることはなかった。前の大きな建物の前へ回ってみた。好奇心からである。建物の前面は一寸した広場になっていた。そこには直径五〇㎝前後、長さ六〇㎝ぐらいに切り揃えられた薪材が、広場一杯に立てならべてあった。
 それを右に見ながら、正面入口へ行き内部を覗いた。セメント張りの床に一人用の鉄製の寝台が、ビッシリ並んでいる。屈強な男たちは立っていたり、寝台に腰をおろして、雑談するもの、斧にヤスリをかけているものもいれば、鋸に目立てをしているものもいて、穏やかな雰囲気である。樵の集団だから、荒々しい雰囲気だろうと思っていたが、そうではなかった。その後、何回か覗きに行った。誰一人として日本兵捕虜の貧相な小男に注意を払うものはいなかった。何度目かに覗いていると、奥から出てきた小柄な男が、話しかけて来た。監督らしい風体である。
「夕食のあと、仲間と遊びに来ないか」
 と、誘われた。身振りで判断した。
 夕食をすませ、二人の仲間を誘って監督を訪れた。彼の部屋は大きな建物の裏側、つまり私たちの宿舎の前の、樵の宿舎にくっつけて造られている。
 戸を叩くと待っていたように戸を開け、笑顔で招じ入れてくれた。一人住いである。突当りの正面のペーチカは煉瓦造りで、赤々と薪が燃えている。焚口には鉄板が置かれ、その上の凸凹の薬缶と深鍋がさかんに湯気をふいていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ五輪招致に贈賄の疑惑=「フランス検察が証拠掴む」とフランス紙2017年3月7日 リオ五輪招致に贈賄の疑惑=「フランス検察が証拠掴む」とフランス紙  昨年8月から9月にかけて行われたリオ五輪・パラリンピック(以下「リオ五輪」)、南米大陸初の五輪はブラジル史に残る一大イベントだったが、大会後、選手へのサポート体制の打ち切りといった問題や、招致活動に関わる贈収賄疑惑が浮上しており、4、5日付現地紙各紙によって報じられた。 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(11)2016年6月1日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(11)  いよいよ、千年(ちとせ)太郎君の名が出た。次いで野口節男君、二名はピエダーデ郡在住の岩下与一さんへと指名され、岩下氏は手を振っている。 千年君と野口君二人は、岩下氏の元へ深々と頭を下げて挨拶していた。そして外で待ち構えていた車の運転手さんに、岩下氏が「待たしたな。荷物を積みま […]
  • 刊行物2007年5月29日 刊行物 2007年5月29日付け […]
  • 伊藤園新俳句大賞=文協で応募の受付開始=締め切りは1月31日2011年12月24日 伊藤園新俳句大賞=文協で応募の受付開始=締め切りは1月31日 ニッケイ新聞 2011年12月24日付け  『第23回お〜いお茶 新俳句大賞』の2012年度の応募受付が始まった。ブラジルからの応募は例年通り、ブラジル日本文化福祉協会が窓口となり作品を受け付けている。 […]
  • さくら祭りを3週間=陽光、雪割桜が見ごろ2003年8月9日 さくら祭りを3週間=陽光、雪割桜が見ごろ 8月9日(土) […]