ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=(38)=谷口 範之

自分史=私のシベリア抑留記=(38)=谷口 範之

  九、病院勤務(二)

 患者用の半粥の中に二度だけ、極く少量の牛の内臓のコマ細切れが混じっていたことがあった。看護人は患者に粥だけを配り、内臓の細切れは郷土の先輩である軍曹の飯盒へ全部入れていた。軍曹は細切れの内臓とはいえ、自分だけ口にするのは気が引けるらしく、一切れづつ部下に配給した。見ていて微笑ましい光景であった。
 夜勤の食事の後、軍曹が私をよんだ。今まで一度も声をかけてきたことがなかったから、勤務の変更かと思ったら違っていた。
「チタ市から軍医殿がお出でになっている。軍医殿は退屈しておられる。何でもいいから歌を聞かせてあげてくれ。中島も来ているから二人で行ってくれ」
 と、言うことであった。奥の小部屋へ三人で入った。五十年配のよく肥えた色白の軍医が待っていた。縁なしの眼鏡がよく似合っている。
「何でもいいから、知っているのを歌ってさしあげろ」
 と、軍曹は言うけれど私は音痴である。
 軍医は
「疲れているだろうが頼む」
 中島は(旅愁)と(椰子の実)を上手に歌い、私は(日の丸行進曲)を歌ったが、調子はずれでおまけに歌詞を度忘れし、出鱈目にドラ声をはりあげた。それでも軍医は喜んでくれた。
「久し振りに日本の歌を聞いて嬉しい。ありがとう」
 と、気さくに礼を言った。町医者だったらしい風貌が滲み出ていた。そのあと、チタの様子を聞かしてくれた。
「チタのラーゲリ(収容所)も病人が多い。薬なんか無いから、助からないんだよ。せめてブドウ糖かビタミン剤の注射液でもあればなあと、いつも思うんだがね。しかしここは予想以上にひどかった。なんとかして元気付けてやりたいが、白衣と聴診器だけじゃ、どうしてやることも出来ない」
 喋っているうちに、色白の顔が赤らんできて、縁なし眼鏡の奥の眼を赤くしてなげいた。軍医は二日間の滞在で、一通り患者を診察し、
「ビタミン剤でもあればなあ」
 と、一言を置いてチタに帰った。


  一〇、病院勤務(三)

 朝の食料受領に行った当番二人が、なかなか帰ってこない。外に出てみると濃霧が立ち込めている。丘の上から下方へゆっくり流れていた。病棟の端まで行った時、霧の中から食缶を担いだ当番が現れた。
 二人とも片手にお椀を持っている。霧を利用して途中で粥を掬って食っていたのだ。普通以上に食事の量を配給され、さらに患者の食べ残しまで、さらっているくせにと思うと、腹が立った。
 病棟の横に二人を呼び、食缶を降ろせと言った。
「貴様らは毎食腹一杯食ってるくせに、患者の粥まで盗み食いするのか」
 二人とも並べて二発づつビンタを張った。今、そのことを考えると大変青くさい正義感が働いたものだが、あの時は思わず二人を殴ってしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=(39)=谷口 範之2018年9月6日 自分史=私のシベリア抑留記=(39)=谷口 範之  食事を終え、いつものように病室を覗いて患者の様子を眺めた。舞台上の下士官連中が、一斉に私を見て手招きしている。傍に行くと、 「さっきはよくやってくれた。将校の食缶の件も聞いているぞ」  古参の下士官が声をかけてきた。食事当番の二人を殴ったことは、丸太壁を通して筒抜けに聞か […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=(28)=谷口 範之2018年8月15日 自分史=私のシベリア抑留記=(28)=谷口 範之  一方、衛兵所と将校宿舎の間の小舎は、軽症患者用病棟として三六名が収容された。共同宿舎第二棟は、回復期にある一〇〇余名が集められた。医者もいなければ薬品類皆無で、病人の自力回復待ちの有様なのに今更病院でもあるまいと思っていたら、国際赤十字社が医者を派遣し視察団を同行するとのこと […]
  • ガウショの像2015年2月12日 ガウショ物語=(1)=牛飼いブラウを紹介しよう  お若いの、牛飼いのブラウさんを紹介しよう。 「わしはこの州のなか内を、あちこち気の向くままに渡り歩いてきた。草木もない海岸の焼けるような砂地の熱さも知ったし、絵に描いたみたいに美しいミリン湖の島々で遊んだこともある。 ある時は、波のうねりみたいな起伏のあるサン […]
  • 小説『アマゾン移民・少年の追憶』2004年12月15日 小説『アマゾン移民・少年の追憶』  『アマゾン移民・少年の追憶』は本紙6面に、04年5月から9月まで98回にわたって連載された。著者の小野正さんは8月に亡くなったが、その清々しい読後感が話題を呼び、「ぜひホームページにも」という要望が多く寄せられたので、著作権を持つ遺族の了承を得て、広く公開することになった […]
  • 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=32014年6月19日 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=3  さあ着いた。此処がドゥアルチーナ、我が家の再出発点だ。少年ながらも夢はある。家も仕事も全てが新しいブラジルでの生活が始まるのだと思うと何となく勇気がわいてくる。 駅に着くと三坂耕地から貨物自動車で、耕主の甥の義男さんという青年と監督さんの二人で出迎えに来て下さった。同じ汽 […]