ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》3党が党大会で大統領候補発表=シロは左翼の連帯を呼びかけ=PSOLはMTST指導者=ボウソナロの副候補はあの人?

《ブラジル》3党が党大会で大統領候補発表=シロは左翼の連帯を呼びかけ=PSOLはMTST指導者=ボウソナロの副候補はあの人?

PSLの党大会でのボウソナロ氏(中央)とジャナイーナ氏(左)(Fernando Frazão/Agência Brasil)

PSLの党大会でのボウソナロ氏(中央)とジャナイーナ氏(左)(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 大統領選を視野に入れた各政党の党大会が20日からはじまり、23日現在で、シロ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)、ギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が正式に出馬を表明した。21~23日付現地紙が報じている。

 党大会期間初日の20日に出馬表明を行ったのはシロ氏だ。シロ氏は「(逮捕中の)ルーラ氏(労働者党・PT)が出馬できない場合の左翼の代表」と目され、支持率もルーラ氏、ボウソナロ氏。マリーナ・シウヴァ氏(REDE)についで高いが、連立がまとまらない中での出馬発表となった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ