ホーム | 日系社会ニュース | 眞子さま=全伯カラオケ大会5曲ご鑑賞=折笠名誉会長「よい土産話に」

眞子さま=全伯カラオケ大会5曲ご鑑賞=折笠名誉会長「よい土産話に」

皇族としては初めて当地でカラオケを聴かれた

皇族としては初めて当地でカラオケを聴かれた

 【既報関連=マリンガ発】20日、パラナ州マリンガで開催された「エキスポ移民110」をご視察された眞子さまは、ブラジル歌謡協会(ABRAK、西森アケミ会長)主催「第33回ブラジル選抜歌謡大会」にお立ち寄りになった。
 創立34年を迎える同会は、18地域から250人が集まり、第一回大会がロンドリーナで開催されてから今年で33回目。これまでに日本で活躍するマルシアやエドアルドをはじめ、NHKのど自慢大会で外国人として初めてチャンピョンに輝いた平田ジョエなど数々の歌手を輩出してきた、言わばブラジル日系歌謡界の登竜門だ。

殿下の御前で若手日系人5人が曲を熱唱した

殿下の御前で若手日系人5人が曲を熱唱した

 今大会には、全伯各地での予選を勝ち抜いた744人が出場。殿下の御前では、メスチッソも含めた若手日系人5人が「千の風になって」「聖母たちのララバイ」「微笑みを想い出すまで」などを熱唱した。

 殿下は耳を澄まされ、終始、真剣な眼差しでご覧になり、甲乙付けがたい圧巻の歌唱力に驚いた様子で拍手を送られた。15年に秋篠宮同妃両殿下に同大会についてお話していた折笠力己知名誉会長は「(両殿下への)よいお土産話になったのでは」と笑みを浮かべた。
 「千の風になって」を熱唱した桜井ラウロ・ジュニオールさん(37、三世)は「遠く離れた祖国を懐かしんで、移民は日本の曲を聞いて郷愁を癒した。その意味で若い日系人の歌声を感慨深く聴いて頂けたのでは」と貴重な機会を悦んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ2019年1月4日 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ  「2月には7階部分が新装オープンします。旧年7月に再開館した8階部分と合わせて、ぜひ見に来て」――ブラジル日本移民史料館の運営副委員長の岩山明郎(としろう)さんは、そう薦める。眞子さまご来伯に合わせて新装開館した8階部分は、従来の展示品に加えて、大型モニターが多数設置 […]
  • コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会2018年10月20日 コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が主催する「古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会」が14日、聖市の宮城県人会館で行われ100人余りが集まり、何十年ぶりに再会した友らと語り合った。  最初に先亡者に黙祷を捧げ、前田会長が「今日一日、旧交を温めましょう」と挨拶、来賓の楠彰首席 […]
  • 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」2018年12月13日 9氏に在外公館長表彰=110周年で総領事館に協力=「受賞励み、もっと尽くしたい」  在聖総領事館(野口泰在聖総領事)は「平成30年度在外公館長表彰伝達式」を5日、総領事公邸で行った。今年はブラジル日本移民110周年に際して同館活動を支援し、また、長年に亘って日系社会の発展に貢献してきた9氏が栄誉に浴した。  同日午前11時、受賞者の一人である尺八奏 […]
  • 「安永忠邦さんに聴く移民史」=駐在員向けに異例のツアー2018年9月11日 「安永忠邦さんに聴く移民史」=駐在員向けに異例のツアー  「植民地に生まれ、そこで根を張って生活する移民の生の声を聴いて欲しい」――駐在員向けの観光プランを提供する、旅行会社のトレンディーツーリズム(関根いつ子代表)は『温泉リゾート満喫3日間―安永忠邦さんに聴くブラジル移民史―』を10月26~28日に企画している。  今年 […]
  • 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会2018年9月15日 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会  【らぷらた報知13日付】アルゼンチンと日本二国間の修好120周年記念として、アルゼンチン産肉の日本市場解放を祝い、アルゼンチン・パタゴニア・ラム(小羊)のプレゼンテーション及び試食会を8月29日に、ブエノスアイレス市内の料亭ニッポリで開催した。日亜修好120周年記念式 […]