ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ総合大学で学生自殺が頻発=メンタルケアの専門機関設置

サンパウロ総合大学で学生自殺が頻発=メンタルケアの専門機関設置

 今年5月から6月にかけて、サンパウロ総合大学(USP)では、学生の自殺が少なくとも4件発生した。USP内部では対策会議が開かれ、学内にメンタルヘルスケア室(ESM・精神保健福祉室)が開かれることとなったと、1日付現地紙が報じた。
 USPが全学規模で学生の精神的ケアのための機関を設置するのは、これが初めてだ。ESMは全学生が利用でき、必要に応じてカウンセラーとの面談も設定される。当面はUSP内の社会福祉監督室内に置かれる。
 ESMに該当する機関はこれまで、医学部、歯学部、数学研究所、コンピューター研究所のように、学部や研究所単位で設置されていた。
 当面は学部単位での活動も継続される予定で、今年、2件の自殺が発生した哲学・文学・人文科学部では、学生同士の会話が増えた上、9月には講演会も行われることになった。
 自殺した学生の一人と親しかったルイーザ・ブルガレリさん(20)は、「大きな喪失感を覚えている」と語る。彼女は、友人の自殺が単発的な出来事として扱われ、他人事で終わらないためにも、学内での議論は大切だと考えている。
 サンパウロ州内陸部リベイロン・プレット市のUSP看護学部教諭のケリー・ヴェダーナ氏は、「学生の自殺が起きたとき、大学側は、自殺を否定し、通常通りに活動を続けようとしてはならない。学生や関係者は身近な人達の自殺を容易に消化できない」と語り、「自殺は口にすることがはばかられ、正確な情報が明らかになることがない。しかし、自殺が起きた時はそれを隠そうとするのではなく、それに至った背景などを知ることが必要」としている。
 自殺はブラジルの若者の死因の4位を占めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • サンパウロ市メトロ=切符がQRコード式に変更=水濡れ、破損、期限切れに注意2021年5月6日 サンパウロ市メトロ=切符がQRコード式に変更=水濡れ、破損、期限切れに注意  サンパウロ州のメトロとCPTMは4月26日から、これまで販売していた磁気切符からQRコード式の切符に切り替えを行った。  新しい切符は、レシート用紙にQRコードが印刷されたもの。記載QRコードを、各改札機に設置された読み取り機にかざすと緑のランプが光り入場できる。 […]
  • 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時2021年5月6日 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時  4日、サンタカタリーナ州の保育園襲撃事件やコメディアンのパウロ・グスターヴォの死が衆目を集めた。だが、コラム子には、「エロアーさんの両親が娘の心臓を受けた女性のコロナ感染症による死を嘆いた」との報道も気になった。  エロアーさんは15歳だった08年10月、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》保育園襲撃5人殺害事件=現地メディアは凶器を「日本刀」などと報道2021年5月6日 《ブラジル》保育園襲撃5人殺害事件=現地メディアは凶器を「日本刀」などと報道  【既報関連】4日朝、サンタカタリーナ州サウダーデ市で起きた保育園襲撃事件は、過去に起きた学校襲撃事件を参考にした計画犯罪であった可能性があると5日付伯字サイトなどが報じた。istoE誌4日付サイト記事などでは《保育園襲撃に使われたのは(日本)刀と判明》と報じている。 […]
  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]