ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市モノレール=契約訴訟で鑑定人買収の疑い=建設大手AGは関与を否定

サンパウロ市モノレール=契約訴訟で鑑定人買収の疑い=建設大手AGは関与を否定

 建設大手アンドラーデ・グチエリス(AG)社が鑑定人を買収して不当な鑑定書を出させた疑いがあると、サンパウロ市メトロポリタン公社(Metro)がサンパウロ州検察局に捜査要請を提出、サンパウロ市警が6月から捜査を始めたと3日付現地各紙が報じた。
 サンパウロ市南部のモノレール17号線の建設契約をAGと結んでいたMetroは、16年2月に「遅れが著しい」として、AGとの契約を解除、罰金も課したが、AGは同年中に、それを不服として訴えていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ