ホーム | 日系社会ニュース | 翁長知事急逝=「まさに県民の誇りだった」=祝典のさなか、沖縄県系社会に動揺

翁長知事急逝=「まさに県民の誇りだった」=祝典のさなか、沖縄県系社会に動揺

翁長知事のフェイスブックより

翁長知事のフェイスブックより

 「まさに県民の誇りだった。突然の訃報に本当にびっくり。何とも言いようもない無念な気持ちだ…」と宮城あきらさん(80、本部町)=サントアンドレ在住=は声を詰まらせた。

 米軍普天間飛行場の辺野古への移転反対運動の急先鋒に立っていた沖縄県の翁長雄志知事は8日、膵がんのため67歳で亡くなった。

 今月3、4、5日に行なわれた「ブラジル沖縄県移民110周年記念祝典」という数年がかりで準備されてきた晴れの場では、病床に臥していた翁長知事の祝辞が副知事によって代読されたばかり。祝福ムード真っ只中での訃報に、冒頭にある宮城さんのコメントのように沖縄県系社会にも動揺が広がっている。

 翁長知事は県議会議員として1998年の移民90周年に出席以来、過去4度に渡って来伯し、沖縄とブラジル沖縄県系社会の友好親善の強化に取り組んできた。

 今記念祝典ではバンデイランテス宮でマルシオ・フランサ聖州知事より、聖州最高勲章が授与されていた。フランサ知事は97年から05年まで那覇市と姉妹都市関係にあるサンビセンテ市長を務め、翁長知事も00年から14年まで那覇市長を歴任していた。

 今回、沖縄県庁から移住功労者表彰を受けていた宮城さんは「沖縄県民の民意を無視して進められる基地問題に対し、中央政府に真っ向から立ち向かっていった人。基地問題に立ち向かうのは大変なことだったはず。県民のために体を張って尽くした翁長知事に敬意を表したい」と功績を称え、哀悼の意を述べた。

 ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は書面で、「残念この上ない思い。翁長知事より親愛の情厚い祝辞を頂いた矢先であり、喜びの中の悲しみとなり、無念の思いで一杯です。基地問題など厳しい局面の中で、苦労の連続であったはず。私たちは、氏の志を受け継ぎ、ブラジルのウチナーンチュ、そして世界のウチナーンチュの団結のために微力ながら尽くします。どうぞ安らかな旅立ちでありますように、遥かブラジルの地からご冥福を祈り、哀悼の誠を捧げます」とコメントを発表した。

 

□大耳小耳□関連コラム

     ◎

 知事選出馬前の2013年、翁長市長(当時)はサンビセンテ市姉妹都市提携35周年で来伯していた。その時、講演会に参加した際、宮城さんは「戦後早くに移民してきた在外県系人にとって当時、基地経済依存についてはよく理解できていなかった。だが翁長さんは『経済依存は5%に過ぎない』と理論的な根拠をもとにしっかりと説明された。口先だけでない立派な方だと感銘を受けたのを、今でも鮮明に覚えている」という。貢献大の現職知事が、節目の大祭典の期間になくなるという事態は、かつてないもの。県系人の皆さんには〃弔い合戦〃として、今年一杯続く祝典をより盛り上げて欲しいところ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 長崎県人会=創立55周年と平和盆踊り=核兵器のない世界を訴え=龍踊り、皿踊り、紙芝居も2017年11月14日 長崎県人会=創立55周年と平和盆踊り=核兵器のない世界を訴え=龍踊り、皿踊り、紙芝居も  ブラジル長崎県人会(川添博会長)は創立55周年式典と平和盆踊りを12日、北海道協会で開催した。「平和盆踊り」は初開催。母県の中村法道知事、長崎県の田上富久市長からもメッセージが届いた。県人会に縁のある約450人が集まり、平和を祈ると共に盆踊りを楽しんだ。   […]
  • 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待2016年1月9日 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待  2016年の各県人会関係の式典は、ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の50周年を筆頭に、茨城、新潟、島根、宮崎、沖縄の5県人会が開催するのみ。10団体を超える団体が式典を催した昨年と比較しては少な目といえそうだ。ただし、県連には多数の「記念事業」を行なう構想があり […]
  • 横浜市議視察団10人が来伯=サントス市と連携強化目指す2017年4月28日 横浜市議視察団10人が来伯=サントス市と連携強化目指す  横浜市議会視察団(横山正人団長)は、15年に包括的連携協定を結んだサントス市庁舎訪問などを目的として、今月24日から27日にかけて、リオ、ブラジリア、サンパウロの3都市を視察した。  ドイツ、ルーマニアを視察した後に来伯した一行は、リオ五輪跡地を視察して都市計画につ […]
  • りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中2015年9月10日 りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中  青森県人会(玉城道子会長)が、7月の県連日本祭りで売れ残ったりんごジュースを取り扱っている。価格は1リットル20レ、2リットル32レ。5本以上なら1割引きで購入できる。 玉城会長曰く、「聖市では日本祭りでしか購入できない貴重なジュース」だが、今年は売れ残ってしまったという。原 […]
  • 富山県人会創立55周年祝う=訪問団34人が駆けつけ=第3アリアンサで交流会も2015年10月8日 富山県人会創立55周年祝う=訪問団34人が駆けつけ=第3アリアンサで交流会も  ブラジル富山県人会(市川利雄会長)が『創立55周年』及び『富山県聖州友好提携30周年』式典を4日、聖市の宮城県人会会館で行い、会員や各日系団体の代表者ら約200人が集った。日本から駆けつけた富山県南米訪問団には杉本正(団長)、五十嵐勉、菅原裕明、大野久芳、坂野裕一の5県議、荒 […]