ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選討論会 初回はぬるい議論に終始 ボウソナロは攻撃せず アウキミンに質問が集中 PTは同時間にネット放送

《ブラジル》大統領選討論会 初回はぬるい議論に終始 ボウソナロは攻撃せず アウキミンに質問が集中 PTは同時間にネット放送

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)

 9日夜、バンデイランテス局で今回の大統領選では初となる候補者の討論会が開かれたが、労働者党(PT)候補が参加せず、高支持率の極右候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)に質問があまり飛ばないなど、議論の盛り上がりに欠ける内容となった。10日付現地紙が報じている。

 

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ