ホーム | 日系社会ニュース | 博研=故橋本氏の遺稿出版、11日=『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』

博研=故橋本氏の遺稿出版、11日=『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』

案内のため来社した皆さん

案内のため来社した皆さん

 サンパウロ博物研究会(博研、吉岡パトリシオ会長)は11日午後2時から、創設者の故橋本梧郎氏の遺稿『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』第1巻の出版記念会を同研究会会館(Rua Jaime Ribeiro Wright, 618, Itaquera)を行なう。全400ページ、ポ語、300部発刊。

 同遺稿では橋本氏が1954年から約20年間採取した、イタイプーダム建設以前のセッテ・ケーダスの滝に自生していた約1150種もの植物がまとめられている。現在では集めようもない貴重な植物標本を本にしたもの。08年に橋本氏が亡くなり、10年に当時の越村健治会長と会員らが遺稿を出版しようと『イチョウ・プロジェクト』を立ち上げた。

 出版記念会では協力者への本の贈呈、橋本氏との思い出を語り合うお茶会が予定されている。

 案内のため6日に来社した吉岡会長、山内みどり、川上久子会計担当は「先生の最後の夢をとうとう叶えることができた。出版会で販売も行なうので、ぜひお越しください」と来場を呼びかけた。問い合わせは(11・2522・8299)まで。

 

関連コラム「大耳小耳」

    ◎

 来社した博研の川上久子会計によると、橋本氏が亡くなる前に同居していた佐舗ゆきさんが7月27日に亡くなった。その約一週間前に『湖水に眠るセッテ・ケーダスの植物』第1巻の見本を、佐舗さんに見せることができたそう。第2巻については故橋本梧郎氏の誕生日、1月31日までの発刊を予定している。博研は18日から行われるアルジャー花祭りでも出展し、薬草の紹介などをするそうだ。興味がある方は覗いてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2018年8月9日 ■今週末の催し  11日(土曜日)  桜まつり、午前9時、カンポスさくらホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina, Campos do Jordao)、日曜も      ◎  名画友の会映画鑑賞会、昼12時半、熟連(Rua […]
  • 橋本梧郎氏2008年8月28日 橋本梧郎氏 ニッケイ新聞 2008年8月28日付け  サンパウロ博物研究会(通称・博研)の創立者で顧問の植物学者、橋本梧郎さんが二十六日午後十一時半、多臓器不全のため入院先の日伯友好病院で亡くなった。九十五歳。 […]
  • ■今週末の催し2010年10月14日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2010年10月14日付け 土曜日 16日  石川県人会第11回文化祭、午前10時、会館(R.Tomas Carvalhal,180)、17日も開催     □  文協大総合美術展、午前10時、文協ビル(R.Sao […]
  • サンパウロ博物研究会60周年 =イタケーラ本部で記念式典=17日2010年10月7日 サンパウロ博物研究会60周年 =イタケーラ本部で記念式典=17日 日系社会ニュース ニッケイ新聞 2010年10月7日付け  植物学者の故橋本梧郎氏を中心にはじまったサンパウロ博物研究会(通称・博研、林田瞳会長)の創立60周年記念式典が、17日午前11時から聖市イタケーラ区の同本部(R. […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]