ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=ルーラ出馬の審理はいつ?=TSE長官はFリンパ法遵守派=判断時期により様々な場合=カギ握る政見放送の存在

《ブラジル》大統領選=ルーラ出馬の審理はいつ?=TSE長官はFリンパ法遵守派=判断時期により様々な場合=カギ握る政見放送の存在

ルーラ氏の出馬を求める抗議運動(Cláudio Kbene)

ルーラ氏の出馬を求める抗議運動(Cláudio Kbene)

 現在、大統領選において最大の懸案事項であるルーラ元大統領(労働者党・PT)の出馬に関して、最高裁(STF)のカルメン・ルシア長官や選挙高等裁(TSE)のローザ・ウェベル長官が厳しい見解を示している。問題は、ルーラ氏への判断がいつになるかによると、14日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ