ホーム | 日系社会ニュース | 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など

110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など

一等のHONDAシビックを受け取ったタカハシさん(右から2人目)

一等のHONDAシビックを受け取ったタカハシさん(右から2人目)

 ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)が聖市文協ビルの貴賓室で8日午後、日本移民110周年記念事業の資金集めのため実施された『第2弾リッファ』の当選者に賞品贈呈式を行なった。
 今回はホンダサウスアメリカ社が寄贈したシビック・ツーリング(1等)、スクーターPCX(2等)、発電機EU10(3等)のほか、フェスタショップが寄贈したパナソニックのLEDテレビ(4等)、ソニーのスマートフォン「エクスペリア」(5等)が贈られた。
 挨拶に立った呉屋祭典委員長は当選者の出席やホンダ社とフェスタショップの協力に感謝を述べ、「記念すべき祝いができる」と喜びを語った。
 1等当選者のヒウダ・ムツコ・ミセさんの代わりに出席した娘のタカハシ・チエミ・サンドラさん(三世、45)は、「今まで当選したことがなかったので母と息子の名前を書いた。当選の知らせを聞いたときは驚いた」と振り返った。また、式典当日に勤め先の企業の抽選会で腕時計2つが当たったそうだ。
 リッファの第1、2弾を売り歩いた菊地義治実行委員長は、「全部で2万人ほどが協力してくれたと思う。製品を寄贈してくれた企業にも感謝している」と語った。菊地実行委員長は両方あわせて約1500冊も売ったという。
 当選者は以下の通り(敬称略)。1等=ヒウダ・ムツコ・ミセ、2等=ルイス・タダヒロ・スハラ、3等=ケンゾウ・ネギシ、4等=マルセロ・トロメイ・ロペス、5等=ブルーノ・カワモト

image_print

こちらの記事もどうぞ