ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》カンピーナス大学の落書き犯拘束=集団殺人匂わす脅迫などを大書

《サンパウロ州》カンピーナス大学の落書き犯拘束=集団殺人匂わす脅迫などを大書

落書き事件を奉ずる15日付G1サイトの記事

落書き事件を奉ずる15日付G1サイトの記事

 サンパウロ州内陸部カンピーナス市で17日、14日夜、州立カンピーナス大学の構内で、集団殺人を匂わす脅迫やナチス・ドイツのシンボルである鉤十字などの落書きを行った男性が、身柄を拘束され、市警第7署で事情聴取を受けた。

 落書きは14日夜、言語学研究所(IEL)などに侵入した人物による犯行で、15日早朝、赤いマジックで随所に、鉤十字や「集団殺人が起こる」「コロンバイン高校銃乱射事件」などといった言葉が書きなぐられていたのが見つかった。

 IELは発見当日、防犯カメラの映像から犯行の当事者らしき人物が特定出来た事などを報じていたが、男性の居所を突き止め、身柄を拘束したのは17日だった。

 落書きが行われたのはIELだけではなく、地球科学研究所(IG)のトイレや中央図書館などにも同様の落書きが残されていた。大学側は15日に市警に被害届などを出しており、警察が公共物破損や脅迫などの疑いで捜査を進めていた。

 捜査の結果、IELの図書館の防犯カメラに、14日午後9時頃、図書館の入り口の棚の上に置かれていたカバンをいじった後、図書館内の本棚の方に向かった男性の姿や、約20分後に、事件で使われたのと良く似た形状の赤いマジックをポケットから取り出し、机に何かを書くような仕草を行う男性の姿が映っている事が確認された。男性はその後、防犯カメラを見上げてから、カバンを手に、図書館を出て行ったという。

 警察はまだ、容疑者の身元などを明らかにしていないが、カンピーナス大学は、市警に通報すると共に、特別室を設けて独自の捜査を行っており、犯行や容疑者に関する情報などがあれば、警備室に知らせるよう、学生や教職員に求めていた。(15、17日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて2021年6月15日 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて  世界献血者デーの14日、保健省が献血キャンペーンを開始したと14日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  今回のキャンペーンのモットーは、「定期的に献血しよう―皆が一つになれば命が全うできる」で、一人でも多くの人達が定期的に献血を行うように呼び掛けるものとなった。 […]
  • 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう2021年6月15日 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう  ボルソナロ大統領は12日、マスクも着用せずに1万2千人の支持者を引き連れ、サンパウロ市などでバイク行進デモ「モトシアッタ」を行った。今回のモトシアッタには、最高裁から捜査命令が出されているリカルド・サレス環境相も参加し、物議を醸した。13、14日付現地紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し2021年6月15日 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し  新型コロナの感染第3波への懸念が広がる中、感染学上の第23週(6月6~12日)は感染者と死者が共に前週より増え、保健省も死者増加との見通しを示した。  死者増加は、感染者増や入院患者増、集中治療室の占有率上昇から予想されていた。  ケイロガ保健相は8日、上院コロナ […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]