ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市が発表したところによると、今年の1月から7月までに路上に乗り捨てられ、回収された自動車が1万台以上あったという。その台数は1万2157台。前年同期の7819台より55%も増えている。乗り捨てが最も多かった場所は南部イピランガの1402台で、北部のヴィラ・マリア1109台、西部のブタンタン810台と続いている。専門家はこの増加の理由を、市内の廃車サービスの不行き届きに加え、近年の経済危機により、自動車を維持して所有し続けるのが困難になった人が増えたからではと分析している。なお、乗り捨てによる罰金は1万8421・20レアルかかる。

     ◎

 28日のサッカーのリベルタドーレス杯。サントスはパカエンブー・スタジアムでのインデペンディエンテ戦を2試合連続で0―0で引き分けたものの、出場違反選手を前戦で出場させた処罰として、相手に3点が加えられたために敗退した。一方、昨年優勝のグレミオは対エストゥディアンテス戦で敗色濃厚だったが、ロスタイムで2試合合計スコアで3―3の同点に追いついた後、PK戦を5―3でものにし、昨年に続き、準々決勝に進出。2連覇への望みをつないでいる。

     ◎

 アマゾナス州やロライマ州で流行し、他州にも拡大しつつある麻疹(はしか、サランポ)だが、サンパウロ州でも2人目の感染者が確認された。この感染者はアマゾナス州マナウスに住んでいた20代の女性で、サンパウロ州には引っ越してきていた。8月は1~4歳児を対象に麻疹も含む予防接種キャンペーンが行われているが、成人も接種できるので対策を。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2015年9月2日 東西南北  2013年に下院の人権委員会委員長に選ばれ、同性愛差別や人種差別での問題発言で物議を醸した福音派牧師のマルコ・フェリシアーノ下院議員が、2016年の聖市市長選にキリスト教社会党の候補として出馬することが8月31日に明らかとなった。同市長選には既に、カトリックとの結びつきが強く […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、聖市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジ聖市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及んだ。これを作っ […]