ホーム | 日系社会ニュース | 国費留学生12人、来月出発=在聖総領事館で歓送会

国費留学生12人、来月出発=在聖総領事館で歓送会

国費留学生の皆さん(後列)

国費留学生の皆さん(後列)

 日本政府(文部科学省)による国費留学生12人が来月に訪日するのを前に、8月28日、在聖総領事館で歓送会が行なわれた。12人は学費免除と生活費補助を受け、日本語や日本文化、自身の専門などを勉強する。

 野口泰総領事は「日本は多様性に富んだ国。ぜひ自分が住む街を良く観察して親しんでほしい」とし、「天皇陛下が退位なされ日本は変化の時期になる。そういった中で経験を積んで活躍してください」と激励した。

 ブラジル日本語センターの日下野良武理事長は乾杯の挨拶で「日本のことをデータで知るだけでなく五感で感じてほしい。たくさんの友達を作ってください」とエールを送った。

 サンパウロ大学で日本文学を研究しているタレス・カルバーリョ・クレマスチ・バウメルさん(26)は東京学芸大学で1年間学ぶ。「東京は日本や世界の文化が集まる場所。そこに住んでみたいと思った」と流暢な日本語で話した。

 高校の時にアニメが好きになったのがきっかけで日本語を勉強し始めた。卒業後、カンピーナス大学で情報科学を専攻しながら、日本からの留学生と交流し日本語の会話に慣れていった。在学中、日本語や日本文学を学びたいという自らの気持ちに気づき退学。日本語と日本文化を専門的に学べるサンパウロ大学に入学しなおした。

 バウメルさんは今まで日本に一度も行ったことがなく、「留学で1年も過ごせるのは夢のよう。本当に楽しみ」と目を輝かせる。「日本で勉強したあとはサンパウロ大学を卒業し、日本の大学院で修士課程を学びたい」と将来の目標を語った。

 リオグランデ・ド・スル大学で地球科学を学ぶエミリア・アンジョス・タナアミさん(22、3世)は12歳のときに半年間日本語学校で学んだ後、独学で日本語を勉強した。さらに日本語を習得するために東京外語大学で1年間学ぶ。

 「将来的には日本で地球科学の勉強をしたい。日本は地震があって研究対象としてとても興味深い。まずは1年間しっかり日本語を勉強します」と意気込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • サンパウロ市メトロ=切符がQRコード式に変更=水濡れ、破損、期限切れに注意2021年5月6日 サンパウロ市メトロ=切符がQRコード式に変更=水濡れ、破損、期限切れに注意  サンパウロ州のメトロとCPTMは4月26日から、これまで販売していた磁気切符からQRコード式の切符に切り替えを行った。  新しい切符は、レシート用紙にQRコードが印刷されたもの。記載QRコードを、各改札機に設置された読み取り機にかざすと緑のランプが光り入場できる。 […]
  • 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時2021年5月6日 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時  4日、サンタカタリーナ州の保育園襲撃事件やコメディアンのパウロ・グスターヴォの死が衆目を集めた。だが、コラム子には、「エロアーさんの両親が娘の心臓を受けた女性のコロナ感染症による死を嘆いた」との報道も気になった。  エロアーさんは15歳だった08年10月、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》保育園襲撃5人殺害事件=現地メディアは凶器を「日本刀」などと報道2021年5月6日 《ブラジル》保育園襲撃5人殺害事件=現地メディアは凶器を「日本刀」などと報道  【既報関連】4日朝、サンタカタリーナ州サウダーデ市で起きた保育園襲撃事件は、過去に起きた学校襲撃事件を参考にした計画犯罪であった可能性があると5日付伯字サイトなどが報じた。istoE誌4日付サイト記事などでは《保育園襲撃に使われたのは(日本)刀と判明》と報じている。 […]
  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]