ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》税制優遇処置、来年3千億レアルに=徴収すれば国家財政黒字のはず=業界圧力避け、大統領候補も口濁す

《ブラジル》税制優遇処置、来年3千億レアルに=徴収すれば国家財政黒字のはず=業界圧力避け、大統領候補も口濁す

ジョルジ・ラシジ国税庁長官(右・Antonio Cruz / Agencia Brasil)

ジョルジ・ラシジ国税庁長官(右・Antonio Cruz / Agencia Brasil)

 来年の法人や慈善団体などへの税制優遇措置の総額は、230億レアル増加して3064億レアルに達すると、5日付現地紙が報じた。10月の大統領選に向け、各候補者が口を揃えて公約しているのとは、完全に逆行している数字だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ