ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》8月の物価はマイナス0・09%のデフレ=8月としては20年ぶりの低数値

《ブラジル》8月の物価はマイナス0・09%のデフレ=8月としては20年ぶりの低数値

スーパーで買い物の列に並ぶ人々(参考画像・Tania Rego/Agencia Brasil)

スーパーで買い物の列に並ぶ人々(参考画像・Tania Rego/Agencia Brasil)

 8月の広範囲消費者物価指数(インフレ率・IPCA)がマイナス0・09%で、昨年6月以来のデフレとなったと、ブラジル地理統計院(IBGE)が6日に発表した。6、7日付現地各紙・サイトが報じている。
 これは8月としては、マイナス0・51%だった1998年以来、20年ぶりの低い数値だ。今年に入ってからの累積インフレ率は2・85%、昨年9月から今年8月までの直近12カ月間の累積では4・19%となった。中銀は今年のインフレ目標を、「4・5%±1・5%ポイント以内」に定めている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ