ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大学入試=2日目からの受験可能に=会場混雑での未受験者対象

《ブラジル》大学入試=2日目からの受験可能に=会場混雑での未受験者対象

 24日に2日目が行われる国家高等教育試験(大学入試、ENEM)に関して、会場の混雑その他の理由で17日の初日の試験を受けることができなかった受験者に関し、2日目の試験を受けることができるようになった。もしくは2日分まとめて追試の申し込みもできる。22日付現地サイトが報じている。
 17日の初日は、コロナ禍を恐れて受験しなかった人、コロナの兆候が感じられ、体調不良を申し出ていた人、さらに受験会場がコロナ対策で定められた「50%以上」の密状態を記録したことで受験を急きょ中止された人などが出て、棄権率が51・5%となり、半分以上の受験希望者が受験できなかった。

 そんな中、初日の試験では少なくとも11カ所で起こったといわれている、会場密度の高さゆえに受験できなかった受験者に対し、2日目の試験を受けることが認められた。
 あるいは、2日目も受験するのをキャンセルして、25日から29日に募集がかけられる追試に応募することも可能だ。追試は2月23日と24日が予定されている。
 2日目の試験内容は自然科学と数学となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ