ホーム | Free | ミカ幼稚園の作品展覧会=日本移民題材に笠戸丸や家など

ミカ幼稚園の作品展覧会=日本移民題材に笠戸丸や家など

5歳の子供たちが作った笠戸丸

5歳の子供たちが作った笠戸丸

 ミカ幼稚園は、園生の作品展覧会を15日、同園(Rua Paracatu, 60, Saude)で開催する。午前11時半から午後4時まで。
 「移民110周年」をテーマに、2歳から5歳までの子供たち24人が笠戸丸や初期移民が住んだ家などを工作。他にも切り絵や塗り絵が展示されている。
 午後3時からは子供たちによる童謡の歌唱や、作品の説明がある。大人たちの太鼓の演奏や焼きそばの販売も。駐車場が用意されている。
 来社した辻沢和恵先生は「子供たちは移民史料館を見学してから作品を作りました。ぜひご覧になってください」と呼びかけた。
 問合せは、同園(11・5585・9258)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!2019年1月8日 リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!  ブラジル日本移民110周年記念事業の一環として、「リオ日本移民史料館」が12月15日、リオ日系人協会に落成した。これはリオ日系社会が寄付金を募り、約6万レをかけて建設されたもの。同地のブラジル日本移民110周年記念実行委員会(松浦實実行委員長)からリオ州に寄贈された。 […]
  • 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞2018年12月20日 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞  『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。  今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボウソナロ氏に決定」( […]
  • 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る2018年11月24日 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る  Viva110!ブラジル日本移民110周年を祝う横浜市民の会(代表:小林正博)が、『VIVA! 110 de Yokohama』(横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民110周年)を11日午後、JICA横浜センター体育館で開催した。イベントには約300人が来場し、ブラジ […]
  • 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日2018年11月15日 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日  コロニアが産んだ初の伯人男性演歌歌手・エドアルドさん(34、プロダクションオーロラ所属)の「ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー」が、30日午後6時半から聖市文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]