ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(45)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(45)

  一六、列車は東へ(一)

 家畜並みの身体検査は終わった。通訳が私の方のグループに告げた。
「所持品を持って、至急ここに集まって下さい」
 すぐ近くの屋根のないプラットホームに導かれた。貨物列車が停まっていた。一両に一六人づつ乗車する。貨車には一〇㎝ほどの厚さに、松葉が敷きつめられていた。薄い敷布団が等間隔に一六枚置いてある。横たわると松葉から放つ芳香が鼻をくすぐり、すこぶる寝心地が良い。
 その筈であった。戦闘中からいままでの凡そ一〇ヶ月と言うものは、大地か板が寝床であった。しかも連行時はこの貨車に七〇名余りが押し込まれ、寒さに震えて眠るどころではなかった。そんなことを思い出していると、ソ連軍の将校がやってきた。
「注意事項を伝える。昼は扉を開けたままでいいが、夕方から翌朝まで閉めて寝ること。食事は一日二回。その時間停車するから、用便などにも利用されたい。体の具合の悪いものは、給食時に中央車両の軍医に連絡するように」
 将校は各車両ごとに同じことを伝えていた。往時に比べると雲泥の差である。だがダモイ(帰国)のことも行き先も言わない。しかしこれほど掌を返したような待遇に切り替えたということは、もしかするとダモイさせるに当たって、好印象を与えようとしているのかもしれない、などと考えているうちに列車は動き出した。なるようにしかならない境遇の中で、少なくとも現在の兆候はわるくない。そう思い直して枕元においてある二個の角砂糖を口に放り込んだ、一年ぶりの甘味に陶然となった。砂糖の支給はこれが初めの終わりであった。相変わらず、これ以上は膨れないほどに膨れた米粒が、重湯の中を泳いでいる薄粥だろうなと、想像したらその通りになった。
 ここシベリアは、六月も中旬になろうとしていた。春の気配がする温かい風が、気持ちよく吹き込んでくる。午後の太陽は列車の後方にある。東に向かっていることを確認し、ようやく気持が落ち着いた。
 日本が近付いていることが、ややもすると湧いてくる不安を打消した。そして日本の土を踏むまでは、決して油断しないぞと、心に強く言い聞かした。
     

  一七、列車は東へ(二)

 列車は快調に東へ、東へと走り続ける。
 まだシベリアの中央辺りなのに、日本へ近づいていることだけで、病弱兵に活力が湧くようであった。足許が覚束なかった一人は、二日目には起き上がって扉の傍に座り、後ろへ流れる冬枯れの森林や、シベリア松の原生林を興味深そうに眺めるようなった。列車が停り食事の鐘が鳴った。箸が立たない粥を啜り終り、反対側の大平原を眺めた。
 遥か向こうに白いテントが三つ四つ張ってある。テントから上半身の男が現れた。手にコップと白い布を持っている。男はコップの水を口に含み、手に水を移して顔と首をこすって布で拭いた。次に口中の水を少しずつ手に受けては、胸腹両腕を撫で回して拭き、最後に背中に手を回して拭き終わると、大きく背伸びしてテントに入った。
 コップ一杯の水で上半身を拭った様子をみて、水が不足しているのだろうと推察した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73)2018年11月6日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73) (三)ブラジル日系文学誌の選者の一人の評について     ブラジル日系文学№二六(二〇〇七年七月)に、体験記として『私のシベリア抑留記』が掲載されたが、これは編集者に乞われたからである。原稿用紙三〇〇枚を三五枚に縮めての記録だから説明不足が随所に現れている。ではなぜ、歴史に […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]