ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロの副候補、モウロンがまたも物議=「男親不在では社会不適応」

《ブラジル》ボルソナロの副候補、モウロンがまたも物議=「男親不在では社会不適応」

 社会自由党(PSL)の大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏の副候補、アミウトン・モウロン氏(ブラジル労働革新党・PRTB)が17日、「母や祖母だけの家庭で育つと社会不適応の子供が育ち、麻薬犯罪に手を染める」と発言し、物議を醸している。18日付現地紙が報じている。
 モウロン氏の発言は、サンパウロ市で行われた住居組合の講演会で出たものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが46%で1位に=ハダジと決選投票へ=反PT票による大躍進=PSDBの票をそのまま奪う2018年10月9日 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが46%で1位に=ハダジと決選投票へ=反PT票による大躍進=PSDBの票をそのまま奪う  7日、大統領選が行われ、ジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)が有効投票の46・1%を獲得し、2位のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)と28日に行われる決選投票に進んだ。今回の選挙はこれまでのブラジルの大統領選の流れを変えたものでもあった。8日付現地紙が […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 《ブラジル》大統領選=週末に二極化が激化=反ボルソナロ抗議は国際規模=親ボ集会も全国的に展開=投票まであと一週間切る2018年10月2日 《ブラジル》大統領選=週末に二極化が激化=反ボルソナロ抗議は国際規模=親ボ集会も全国的に展開=投票まであと一週間切る  9月29日、全国62の都市で極右大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏に対して、女性を中心とした抗議活動が行われた。翌30日は、全国26都市でボルソナロ氏を支援する集会が行われ、大統領選の二極化を印象付けた。9月30日、1日付現地紙が報じている。  9月29日に行われた […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?2018年9月28日 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?  10月7日に一次投票が迫った大統領選は、極右候補ジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)と政権奪還を目指す労働者党(PT)のフェルナンド・ハダジ氏の、左右両極対決で決選投票になるだろう、という見方が強くなってきている。たしかに、ここ最近報道される世論調査の結果か […]