ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロの副候補、モウロンがまたも物議=「男親不在では社会不適応」

《ブラジル》ボウソナロの副候補、モウロンがまたも物議=「男親不在では社会不適応」

 社会自由党(PSL)の大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏の副候補、アミウトン・モウロン氏(ブラジル労働革新党・PRTB)が17日、「母や祖母だけの家庭で育つと社会不適応の子供が育ち、麻薬犯罪に手を染める」と発言し、物議を醸している。18日付現地紙が報じている。
 モウロン氏の発言は、サンパウロ市で行われた住居組合の講演会で出たものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ