ホーム | 日系社会ニュース | ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

 光学機器メーカー「ニコン」(牛田一雄社長、本社=東京都港区)のブラジル販売子会社「ニコン・ド・ブラジル」は12日、当地における全ての事業を終了したと同社ウェブサイト上で発表した。
 同社は、2011年に当地で販売子会社を設立。14年ワールド杯と16年リオ五輪を見据え、市場拡大を見込んでいたがスマート・フォーンの普及などによりデジカメ市場が縮小。販売拠点の再編のなか、昨年末迄に伯市場から撤退することが決定していた。
 同社によれば、保障期間内の製品の修理は継続され、技術的サポートや修理の申込みは同社サイトのオンライン・フォーマットにて受付ける。保障対象外のカメラの付属品、アクセサリーについては、米国にある子会社が今後引受ける。
 また、電子顕微鏡やその付属品の販売、並びに、技術的サポートについては、「BioLabBrasil」社を通じて継続される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化2018年10月6日 トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化  ブラジル・トヨタ自動車(ラファエル・チャン社長)は、先月28日、カローラを生産するインダイアツーバ工場に10億レアル(約289億円)の新規投資計画を発表した。オ・エスタード紙が29日付紙面で報じている。  同紙によれば、工場開設20周年記念イベントにおいて同計画は発表された […]
  • 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助2019年6月25日 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助  カフェレスジャパン実行委員会主催の「東京カフェショー―7回カフェ・喫茶ショー」が7月3日(水)~5日(金)まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1)で開催される。入場料3千円。時間は午前10時~午後6時、5日のみ午後5時まで。  ブラジル・パビリ […]
  • 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」2019年5月24日 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」  聖市リベルダーデ区のトマス・ゴンザガ街で2011年に開店した日本食レストラン「伴」が、今月23日午後10時半を以って閉店した。  店主の原口政信さん(66、宮崎県)は「昨年の11月13日に家主との契約は終わったが、何も言われなかったので経営を続けていた。それが一カ月 […]
  • リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート2019年4月18日 リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート  小林建設と大空不動産が企画して、日系高齢者向けバリアフリーの分譲アパート建設を着工する予定が明らかになった。「バリアフリー」は段差などを極力なくした工法。場所は聖市グロリア街501番。この『すいせんビル』アパートは、建築家のケン・マベ氏が設計を担当。11階建てで、地階 […]