ホーム | 日系社会ニュース | ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

 光学機器メーカー「ニコン」(牛田一雄社長、本社=東京都港区)のブラジル販売子会社「ニコン・ド・ブラジル」は12日、当地における全ての事業を終了したと同社ウェブサイト上で発表した。
 同社は、2011年に当地で販売子会社を設立。14年ワールド杯と16年リオ五輪を見据え、市場拡大を見込んでいたがスマート・フォーンの普及などによりデジカメ市場が縮小。販売拠点の再編のなか、昨年末迄に伯市場から撤退することが決定していた。
 同社によれば、保障期間内の製品の修理は継続され、技術的サポートや修理の申込みは同社サイトのオンライン・フォーマットにて受付ける。保障対象外のカメラの付属品、アクセサリーについては、米国にある子会社が今後引受ける。
 また、電子顕微鏡やその付属品の販売、並びに、技術的サポートについては、「BioLabBrasil」社を通じて継続される。

image_print

こちらの記事もどうぞ