ホーム | 日系社会ニュース | ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

 光学機器メーカー「ニコン」(牛田一雄社長、本社=東京都港区)のブラジル販売子会社「ニコン・ド・ブラジル」は12日、当地における全ての事業を終了したと同社ウェブサイト上で発表した。
 同社は、2011年に当地で販売子会社を設立。14年ワールド杯と16年リオ五輪を見据え、市場拡大を見込んでいたがスマート・フォーンの普及などによりデジカメ市場が縮小。販売拠点の再編のなか、昨年末迄に伯市場から撤退することが決定していた。
 同社によれば、保障期間内の製品の修理は継続され、技術的サポートや修理の申込みは同社サイトのオンライン・フォーマットにて受付ける。保障対象外のカメラの付属品、アクセサリーについては、米国にある子会社が今後引受ける。
 また、電子顕微鏡やその付属品の販売、並びに、技術的サポートについては、「BioLabBrasil」社を通じて継続される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため2020年3月13日 サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため  今月11日、伊藤忠商事は同社ブラジル駐在員のコロナウイルス罹患確認後、聖市オフィスを閉鎖していると発表した。  罹患が確認された男性社員は2月23日から29日までの間、休暇を利用し福岡県に滞在していた。3月1日にサンパウロに戻ってからは、会社規定に従い、常時マスクで勤務し一 […]
  • トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化2018年10月6日 トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化  ブラジル・トヨタ自動車(ラファエル・チャン社長)は、先月28日、カローラを生産するインダイアツーバ工場に10億レアル(約289億円)の新規投資計画を発表した。オ・エスタード紙が29日付紙面で報じている。  同紙によれば、工場開設20周年記念イベントにおいて同計画は発表された […]
  • 衛生管理強化する飲食店=風評惑わされず利用して2020年3月21日 衛生管理強化する飲食店=風評惑わされず利用して  新型コロナウイルス感染拡大の影響から軒並み売り上げが落ち込んでいる外食業界。飲食各店は衛生管理を強化し、感染予防を徹底。「風評に惑わされず利用して欲しい」と呼びかけている。  ラーメン和・パウリスタ店では、平時から衛生専門家を招いて定期指導を受けており、コロナ騒動に […]
  • 「陸のわかめ」生産発売開始=ミナス食材オラ・プロ・ノビス2020年2月14日 「陸のわかめ」生産発売開始=ミナス食材オラ・プロ・ノビス  ブラジルのメディアではよく紹介されているにも関わらず、ほとんど市場で見かけることのない食材に「オラ・プロ・ノビス」がある。その葉は、濃い緑とねばねばした食感が特徴で、「陸のわかめ」という表現が最適。  プロテインの含有率が約25パーセント、豊富なビタミン、ミネラルが […]