ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=強盗が現金輸送車を襲撃=現金と武器を奪って逃走

サンパウロ州=強盗が現金輸送車を襲撃=現金と武器を奪って逃走

扉を破壊され、内部も物色された現金輸送車(Polícia/Divulgação)

扉を破壊され、内部も物色された現金輸送車(Polícia/Divulgação)

 サンパウロ州スザノ市で24日夜、機関銃で武装した強盗団が現金輸送車を襲撃し、現金と武器を奪って逃走する事件が起きた。
 事件が起きたのは24日午後7時半頃で、同市内を走る、サントス方面行きの環状線の車線を封鎖した強盗団が、現金輸送車を襲撃した。
 強盗団は現金輸送車の警備員らと銃撃戦を展開した後、警備員らを路肩に連れ出し、爆発物を用意すると、少なくとも2回、爆薬を用いて扉を破壊。現金と、警備員が所持していた銃2丁を奪って逃げた。
 警察によると、現金輸送車の扉は、爆発の勢いで6メートル先まで吹き飛ばされていたという。
 現金輸送会社Protegeは、スザノ市内で同社所有の現金輸送車が襲われた事を認めたものの、奪われた現金がいくらだったかは明らかにしていない。
 事件当時、複数の車が環状線を走っており、トラックの運転手が破片で軽傷を負った。別の車も被弾したが、運転手にはケガはなかった。
 強盗団による車線封鎖と事件後の鑑識作業などは未明まで続き、渋滞は7キロに及んだ。車線封鎖は未明に解除され、スザノ市の警察署が調書などを作成した。同市の警察署が行った捜査の報告書は、サンパウロ市にある組織犯罪捜査課(Deic)に送られる。Deicでは、同種の犯罪との関連性などを確かめる作業も行われる。(25日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]