ホーム | 日系社会ニュース | 「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ

「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ

園生と一緒にケーキカット

園生と一緒にケーキカット

 社会福祉法人「こどものその」(頃末アンドレ理事長)が1958年9月1日の同園の発足から60周年を迎え、先亡者追悼法要と創立60周年祝賀会を同施設で行った。日本から出席した学校法人大乗淑徳学園理事長、浄土宗大巌寺住職の長谷川匡俊師、淑徳大学総合福祉学部の米村美奈教授、社会福祉法人マハヤナ学園理事長の菊地悦子さんのほか、園生約70人を含めた約400人が節目の日を祝った。

焼香に並ぶ参加者ら

焼香に並ぶ参加者ら

 設立者は、南米浄土宗日伯寺を開教した長谷川良信(りょうしん)師。その長男の長谷川良昭さん、青年開教師の佐々木陽明さん、西本尊方(そんぽう)さんとともにこどものそのの前身を発足し、知的障がいを持って生まれた子供を受け入れをはじめた。
 同園体育館内で行われた追悼法要は長谷川匡俊(まさとし)師(良昭さんの実弟)が執り行い、来場者や園生、先生などが焼香に並んだ。その後祝賀会が庭で行なわれ、野口泰在聖総領事、西本エリオ聖州議らも出席した。
 祝賀会では日伯国歌斉唱後、中平マリコさんと園生らで園歌を歌った。開会挨拶に立った頃末理事長は、「長谷川氏が作った『彼らのためではなく、彼らと共に』という理念をもって、こどものそのの使命を60年間果たしている。今まで支えてくれた人々に感謝している」と語った。
 続いて長谷川師が挨拶に立ち、「兄・良昭から、第2のふるさとと聞いていた。今日の節目に園生がとても嬉しそうにしているのが印象的。皆さんの力で益々発展することをお祈りします」との祝辞を送った。
 来賓挨拶後、鏡開きとなり、西尾ロベルト氏が乾杯の音頭を取った。園生、頃末理事長、長谷川師によるケーキカットも行なわれたほか、中平マリコさんが歌を披露し会場を盛り上げた。
 6歳から35歳まで同園で生活し、現在はバーテンダーの仕事をしている吉田シンコウさん(47、二世)は、「ずっと過ごした園がこんな大切な節目を迎えられて嬉しい」と笑顔を見せ、「できるだけ長く活動を続けてほしい」と期待した。
 また、参列したほとんどの園生が高齢者となり、その後方には歴代理事長や職員ら故人の写真が飾られていた。還暦を迎えた「こどものその」だけに、大きな時間の流れを感じさせるセレモニーとなった。


□関連コラム□大耳小耳

 こどものその創立60周年記念行事で先亡者追悼法要を執り行った長谷川匡俊師は、法話の中でこんな話も。「花を見て綺麗という人はいるが、その花を咲かせる根に注目する人はあまりいない。こどものそのの60周年はその根の部分を作ってきた役員や職員、園生に思いを馳せる機会」とのこと。淑徳大学総合福祉学部の米村美奈教授も、「この施設ができた当時、日系社会で初めての障がい者支援だったことに深い意味があるのでは」との成り立ちの重要性を振り返った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で2018年12月22日 創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で  サンパウロ日伯援護教会(与儀昭雄会長)は「12月定例役員会」を20日、援協本部ビルで開催した。  冒頭、与儀会長は「今年は経済的に厳しい年だったが、病院も良い業績で終えることが出来た。19年も引き続き厳しい年となるが、良い年になるよう共に頑張りましょう」と挨拶した。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]