ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》移植用の臓器提供増える=前年上半期より7%増加=それでもまだ4万人が順番待ち

《ブラジル》移植用の臓器提供増える=前年上半期より7%増加=それでもまだ4万人が順番待ち

摘出された臓器を移送するために小型機に運ぶ人々(Arnaldo Alves/ANPr)

摘出された臓器を移送するために小型機に運ぶ人々(Arnaldo Alves/ANPr)

 保健省が9月27日、今年上半期に提供された臓器は昨年同期比で7%増えたが、手術の数はさほど増えておらず、順番待ちの人はまだ4万1266人もいると同日付現地紙サイトが報じた。
 臓器移植を必要としながら、適合する臓器がないために順番を待つ人の数は、2016年の4万2523人から4万4332人に増えた後、4万1266人に減った。
 16~18年で移植希望者が最も減ったのは、角膜移植を必要とする人だ。このグループは、1万4158人から1万3920人、1万256人にと順調に減っている。
 この事は、角膜移植手術の件数から見ても説明が出来る。17年上半期の手術件数は7989件だったが、今年の上半期は7513件だった。
 他方、いわゆる、心臓や腎臓、肝臓などの臓器移植を待つ人達は、角膜移植を希望する人達ほど順調に減っていない。
 例えば、16年以降、これらの臓器で、順番待ちの人の数が毎年減ったのは肝臓のみだ。肝臓移植を待つ人は、2058人から、2055人、1962人になった。
 心臓移植希望者は、328人から498人に増えた後、373人に減る、膵臓移植希望者も、60人が118人に増えた後、66人に減った。
 だが、肺の移植希望者は、187人から208人、215人と毎年増加中だ。腎臓移植を希望する人も、2万5012人から2万6938人、27741人へと、増え続けている。膵臓と腎臓の同時移植希望者は720人から595人に減った後、653人に増えた。
 だが、総数としての臓器提供が増えたといっても、壁はまだ大きい。その一つは、遺族からの臓器提供同意が得られず、臓器移植が出来ない例がまだ多い事だ。2013年の遺族からの同意率は55%で、今年の遺族同意率は58%と微増に止まっている。
 また、移植希望者がいても、医療機関が対応出来ない時や、臓器の移送手段が確保出来ず、手術を受け損なう例もある。患者の中には手術が間に合わずに亡くなる例もあるから、手術が必要と判断されたら出来るだけ早く、統一医療健康システム(SUS)に名前を登録してもらうとよい。ブラジルの移植手術の96%はSUSを通して行われている。また、臓器提供希望者も、日頃からその旨を家族に伝えておく必要がある。保健省は昨年、移植関係の経費として、9億8988レアルの予算を計上していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ大都市圏》16歳の少女殺害犯逮捕=強姦後に事件発覚恐れ絞殺2018年11月1日 《サンパウロ大都市圏》16歳の少女殺害犯逮捕=強姦後に事件発覚恐れ絞殺  10月20日に学友らと共にフェスタに行った後、行方不明となっていたが、同月28日午後に遺体となって発見されたライアネ・パウリノ・アウヴヴェスさん(16)を殺害した容疑者が、10月30日夜、サンパウロ大都市圏のグアラレマ市で逮捕された。  逮捕されたのは、グアラレマ市 […]
  • 《ブラジル》クレジット限度額、即刻の引き下げが可能に2018年10月31日 《ブラジル》クレジット限度額、即刻の引き下げが可能に  ブラジル国家通貨審議会(CMN)は29日、ブラジル国内の各銀行に対し、現行では「通知してから30日後」とされているクレジットカードの使用限度額引き下げを、通知さえすれば即刻行ってもよいとする決定を下した。  これはカード利用者の経済状況が急速に悪化し、短期間の内に債 […]
  • 《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?2018年11月1日 《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?  ブラジルや米国の研究者がサンパウロ州調査研究支援機関(Fapesp、財団)の支援で行った研究で、サンパウロ州やミナス・ジェライス州で死亡したサルの一部がジカ熱ウイルスに感染していた事が判明したと10月30日付アジェンシア・ブラジル、G1サイトなどが報じた。  研究者 […]
  • 《ブラジル》5歳未満の死亡633人=基準値超える大気の汚染で2018年10月31日 《ブラジル》5歳未満の死亡633人=基準値超える大気の汚染で  29日発表の世界保健機関(WHO)のデータによると、2016年に大気汚染が原因で死亡した5歳未満の伯人の子供は最低633人いたと、29、30日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  16年の場合、世界中で健康被害を与える程汚れた大気にさらされていた子供や青年は、同年齢 […]
  • 《ブラジル》男性が小児病棟で元妻銃撃=抱かれていた娘は床に投げられ無事2018年10月31日 《ブラジル》男性が小児病棟で元妻銃撃=抱かれていた娘は床に投げられ無事  連邦直轄区セイランジアの地域病院で29日、患者の父親を名乗る男性が小児病棟に入り込み、生後5カ月の娘への投薬を待っていた元妻にいきなり銃撃を加えるという事件が起きた。  事件が起きたのは午後5時頃。病院の正面玄関で患者の父親と名乗った男が、「確かに父親」との確認を得 […]