ホーム | 日系社会ニュース | 援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも

援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「9月定例役員会」を先月27日、援協本部ビルで開催した。
 冒頭、与儀会長は日伯友好病院創立30周年を先月22日に無事終了したことを報告。今月の大統領選について「見通しの不透明な難しい局面にある」との見方を示し、翌年の援協創立60年に触れ、より一層の役員の協力を求めた。
 その後、各委員会および各施設から報告があった。
 友好病院は、8月の月間手術件数が過去最大となったと発表。これは半年間に及ぶ設備改装が終了し、8月からフル稼働されたことによるもので、手術と相関して集中治療室、病床利用の件数も過去最高を記録した。
 福祉部は、本紙でも既報の通り「第1回日系社会福祉団体フォーラム」が今月19日午前9時に援協ビル5階で開催されると案内した。園田昭憲副会長は「福祉団体は分岐点を迎えている。今後、日系社会において福祉がどうあるべきかを議論する第一歩」と積極参加を呼びかけた。
 さくらホームは、「第50回桜祭り」が無事に終了したことを報告。開催50周年の節目にあたることから日本庭園を造園しており、同祭後も一般公開され、40日間で3万レの収入があったという。観光地としての立地を活かし、日本庭園を観光名所とすべくさらに投資をしてゆく考えだ。
 そのほか、自閉症児療育施設(PIPA)は「第14回発表会~大発見(A Grande Descoberta)~」が今月6日午前10時から文協大講堂で開催されると案内した。 なお、会計報告では、友好病院を除く8月度の決算は122万9121レの赤字を計上。友好病院を含む全体では、888万8508レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適2018年9月25日 J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適  『J‐TEST実用日本語検定』(運営=語文研究社)の「第4回公開試験」を11月4日に行うにあたり、受験者を募集している。申込みは10月11日まで。  今回は従来の初級者向けの「E‐Fレベル」、中上級者向けの「A‐Dレベル」に加え、ビジネス実用日本語検定も行なわれる。  ビ […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。聖州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦ながら菊 […]
  • 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会2018年12月27日 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会  日系人が余り進出してない分野で活躍する先駆的人物を取り上げるドキュメンタリー映画プロジェクト「Nipo―Brasileiro」の先行試写会が19日夜、サンパウロ市のブルーツリーホテルで開催され、関係者ら約90人が集まって第1話を鑑賞した。企画したのはマリア・リガヤ・ア […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 日伯関係強化の人材育成講座=JICAがUSP法学部に2018年12月27日 日伯関係強化の人材育成講座=JICAがUSP法学部に  国際協力機構(JICA)は12日、サンパウロ市セントロ区のサンパウロ総合大学(USP)法学部国際法・比較法学科との間で「日本開発経験研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に関する共同事業取極め(MOU)に署名した。  これは、同学科に日本の開発経験理解のための講 […]