ホーム | 日系社会ニュース | 援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも

援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「9月定例役員会」を先月27日、援協本部ビルで開催した。
 冒頭、与儀会長は日伯友好病院創立30周年を先月22日に無事終了したことを報告。今月の大統領選について「見通しの不透明な難しい局面にある」との見方を示し、翌年の援協創立60年に触れ、より一層の役員の協力を求めた。
 その後、各委員会および各施設から報告があった。
 友好病院は、8月の月間手術件数が過去最大となったと発表。これは半年間に及ぶ設備改装が終了し、8月からフル稼働されたことによるもので、手術と相関して集中治療室、病床利用の件数も過去最高を記録した。
 福祉部は、本紙でも既報の通り「第1回日系社会福祉団体フォーラム」が今月19日午前9時に援協ビル5階で開催されると案内した。園田昭憲副会長は「福祉団体は分岐点を迎えている。今後、日系社会において福祉がどうあるべきかを議論する第一歩」と積極参加を呼びかけた。
 さくらホームは、「第50回桜祭り」が無事に終了したことを報告。開催50周年の節目にあたることから日本庭園を造園しており、同祭後も一般公開され、40日間で3万レの収入があったという。観光地としての立地を活かし、日本庭園を観光名所とすべくさらに投資をしてゆく考えだ。
 そのほか、自閉症児療育施設(PIPA)は「第14回発表会~大発見(A Grande Descoberta)~」が今月6日午前10時から文協大講堂で開催されると案内した。 なお、会計報告では、友好病院を除く8月度の決算は122万9121レの赤字を計上。友好病院を含む全体では、888万8508レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待2019年4月17日 ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待  再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料 […]
  • ■人探し■2019年4月17日 ■人探し■  近畿自動車道紀南高速事務所の石橋樹主事が、聖州カフェランジア市在住と見られる四宮トミさんの消息を探している。  四宮さんは1915年5月10日生まれで、存命なら103歳。夫は、利幸さん。本籍地は、和歌山県西牟婁郡すさみ町里野877番地だ。  近畿自動車道紀南高速事務所では […]
  • 「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ2019年4月16日 「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ  在聖総領事館(野口泰総領事)は、2019年度(令和元年)の百歳高齢者表彰の該当者募集を受付けている。締切りは、5月30日まで。  例年、敬老の日を記念し、百歳以上の邦人高齢者に対して、内閣総理大臣から祝状と記念品が贈呈される。  対象は、1919年(大正8年)4月1日から […]
  • 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで2019年4月12日 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで  沖縄県南城市の出身者・子弟によるブラジル南城市民会(嶺井健三イヴェス会長)が本年度の県費留学生を募集している。募集は今月30日まで。  研修概要は、研修生が専攻する技術の研修や、日本語研修など。期間は今年10月上旬から来年1月上旬までを予定している。  同市(旧佐敷町・旧 […]
  • リコー杯に星野さん挑戦=海外女流棋士の登竜門2019年2月14日 リコー杯に星野さん挑戦=海外女流棋士の登竜門  株式会社リコーと日本将棋連盟が主催する第9期リコー杯女流王座戦の海外招待選手選抜大会が16、17日の両日、国際将棋対戦サイト「81 Dojo」にて行われる。  各国を代表するアマチュア女性棋士が優勝を競い、優勝者は5月に日本で行われる女流王座戦一次予選対局に招待される。伯国 […]