ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トカンチンス州=再選候補の兄弟が大金所持=タクシーからは100万レアル

《ブラジル》トカンチンス州=再選候補の兄弟が大金所持=タクシーからは100万レアル

タクシーの乗客らが所持していた金(Divulgação)

タクシーの乗客らが所持していた金(Divulgação)

 トカンチンス州で1日と2日に、選挙絡みの不正な金と見られる大金を所持または移送しようとしていたとして、2組の告発が行われた。
 1、2日付現地紙サイトによると、同州警察はアラグアイナ市で1日午後、50万レアルをカバンに詰めて銀行から出た男性を尋問し、逮捕した。この男性は、同州州議のオリント・ネット氏の兄弟のルイス・オリント・デ・オリヴェイラ氏で、祖母の口座から引き出した金で牛を買うと答えたが、売り手の名前を答えられなかった。
 州議の補佐官は、「ルイス氏は弁護士で、選挙活動には関わっていない」としたが、市警は選挙用の不正な資金と見て同氏を逮捕した。連警に連行された同氏は、事情聴取後に釈放された。
 また、2日朝、州道50号線のパウマス~ポルト・ナシオナル間の検問で、100万レアル超が入ったカバンを持った乗客2人を乗せたタクシーが引っかかった。乗客らは金の出所を知らず、選挙絡みの不正な資金の可能性ありとみなした軍警が、身柄を拘束した。乗客と運転手はパウマス市にある連警に連行されたが、運転手は同日午後、事情聴取後に釈放された。
 また、タクシーの乗客らを乗せるためにパウマス市で待機していた小型機の操縦士も連警に連行されたが、操縦士は乗客と荷物を運ぶ事を頼まれただけで、不正とは無縁と見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》10代出産の母減少=10年前から24%減2018年11月2日 《ブラジル》10代出産の母減少=10年前から24%減  ブラジル地理統計院が10月31日に発表したところによると、2017年、ブラジル国内で、15~19歳の母親が子供を生んだケースは47万6千件で、2007年の63万件と比較すると、24%減少した事がわかった。  また、2007年に生まれた子供の20%は母親が15~19歳 […]
  • 《サンパウロ大都市圏》16歳の少女殺害犯逮捕=強姦後に事件発覚恐れ絞殺2018年11月1日 《サンパウロ大都市圏》16歳の少女殺害犯逮捕=強姦後に事件発覚恐れ絞殺  10月20日に学友らと共にフェスタに行った後、行方不明となっていたが、同月28日午後に遺体となって発見されたライアネ・パウリノ・アウヴヴェスさん(16)を殺害した容疑者が、10月30日夜、サンパウロ大都市圏のグアラレマ市で逮捕された。  逮捕されたのは、グアラレマ市 […]
  • 《サンパウロ州》結合双生児の分離に成功=20時間の手術に耐えた2歳の女児2018年11月2日 《サンパウロ州》結合双生児の分離に成功=20時間の手術に耐えた2歳の女児  生まれた時に体がつながって生まれてきた、いわゆる「結合双生児」の分離手術が10月27日にサンパウロ州リベイロン・プレットの病院で行われ、無事に成功した。  手術を受けたのは、頭の部分がつながった状態で生まれて来た、マリア・イザベレちゃんとマリア・イザドーラちゃん(共 […]
  • 《ブラジル》クレジット限度額、即刻の引き下げが可能に2018年10月31日 《ブラジル》クレジット限度額、即刻の引き下げが可能に  ブラジル国家通貨審議会(CMN)は29日、ブラジル国内の各銀行に対し、現行では「通知してから30日後」とされているクレジットカードの使用限度額引き下げを、通知さえすれば即刻行ってもよいとする決定を下した。  これはカード利用者の経済状況が急速に悪化し、短期間の内に債 […]
  • 《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?2018年11月1日 《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?  ブラジルや米国の研究者がサンパウロ州調査研究支援機関(Fapesp、財団)の支援で行った研究で、サンパウロ州やミナス・ジェライス州で死亡したサルの一部がジカ熱ウイルスに感染していた事が判明したと10月30日付アジェンシア・ブラジル、G1サイトなどが報じた。  研究者 […]