ホーム | コラム | 樹海 | 幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?

幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?

 幼い頃受けた性的虐待の影響は心や体の傷となり、一生残ると何度も聞いて来たが、カナダと米国の大学による研究で、その傷は遺伝子にも残り、次世代にも伝わる事が判明と3日付エスタード紙が報じた▼その記事を見、長女が昔、「幼少時に肺炎を患うと成長後も肺炎を患う確率が高いから注意するように」と知り合いから言われた事を思い出した。コラム子も幼い頃、日本で肺炎が悪化し、吹雪の中を病院に連れて行かれた事がある。農林高校の果樹園の脇道を下る母の背中から見た、雪で白く覆われた光景は脳裏に焼きついている。気管支系が弱く、幼少時はよく発熱し、肺活量も少なめ▼それが、愛煙家だった父のそばで受動喫煙したせいかもと思ったのは成人してからだ。学生時代は心理学もかじり、幼少時の体験や経験がその人の人格や行動、健康状態などに影響する事や、子育てを通してその影響が子供に及ぶ事はよく聞いた。だが、幼少時の性的虐待が遺伝子情報にも影響し、次世代にも残るとの記事は驚きだった▼その衝撃に輪をかけたのは、サンパウロ州で起きた、父に強姦され続けていた13歳の少女が、刑務所を前日出た父に殺された事件だ。妻は娘と自分の妹を強姦されて離婚届を出していた。そこを訪ねた男性は、妻が警察に通報しようとしているのを見て暴行。逃げ出した妻からの通報で警官が現場に急行したが、途中で会った6歳の弟から「父が姉を刺した」と知らされた▼問題の男性の幼少時やその両親の過去は知らないが、遺伝子に影響を残すのが性犯罪だけとは思えない。6歳の弟にどんな影響が残るかも含め、種々の事件防止対策と被害者へのケアをと願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 同じ「神のヨハネ」でも…2018年12月20日 同じ「神のヨハネ」でも…  最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の […]