ホーム | コラム | 樹海 | 幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?

幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?

 幼い頃受けた性的虐待の影響は心や体の傷となり、一生残ると何度も聞いて来たが、カナダと米国の大学による研究で、その傷は遺伝子にも残り、次世代にも伝わる事が判明と3日付エスタード紙が報じた▼その記事を見、長女が昔、「幼少時に肺炎を患うと成長後も肺炎を患う確率が高いから注意するように」と知り合いから言われた事を思い出した。コラム子も幼い頃、日本で肺炎が悪化し、吹雪の中を病院に連れて行かれた事がある。農林高校の果樹園の脇道を下る母の背中から見た、雪で白く覆われた光景は脳裏に焼きついている。気管支系が弱く、幼少時はよく発熱し、肺活量も少なめ▼それが、愛煙家だった父のそばで受動喫煙したせいかもと思ったのは成人してからだ。学生時代は心理学もかじり、幼少時の体験や経験がその人の人格や行動、健康状態などに影響する事や、子育てを通してその影響が子供に及ぶ事はよく聞いた。だが、幼少時の性的虐待が遺伝子情報にも影響し、次世代にも残るとの記事は驚きだった▼その衝撃に輪をかけたのは、サンパウロ州で起きた、父に強姦され続けていた13歳の少女が、刑務所を前日出た父に殺された事件だ。妻は娘と自分の妹を強姦されて離婚届を出していた。そこを訪ねた男性は、妻が警察に通報しようとしているのを見て暴行。逃げ出した妻からの通報で警官が現場に急行したが、途中で会った6歳の弟から「父が姉を刺した」と知らされた▼問題の男性の幼少時やその両親の過去は知らないが、遺伝子に影響を残すのが性犯罪だけとは思えない。6歳の弟にどんな影響が残るかも含め、種々の事件防止対策と被害者へのケアをと願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる2021年6月16日 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる  ブラジル南東部のエスピリトサント州ヴィアナ市で13日、ボランティアによるオックスフォードワクチンの実験的接種が始まったと13日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  このプロジェクトは、ワクチンを半量にしても新型コロナへの抗体ができ、感染や重症化を防ぐ事ができるか […]
  • 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長2021年6月16日 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長  連邦政府が生活扶助(ボルサ・ファミリア)の見直しに合わせ、コロナ禍で家計の責任者である親を失った子供達への特別支援を考えていると15日付エスタード紙などが報じた。  15日現在で、コロナ感染症による死者は49万人に達し、あと1週間程度で50万人を超えると見られる。そ […]
  • 《ブラジル》DEMがマイア前下院議長を党追放=PSDに移籍、ルーラ支持へ2021年6月16日 《ブラジル》DEMがマイア前下院議長を党追放=PSDに移籍、ルーラ支持へ  民主党(DEM)党本部は14日、ロドリゴ・マイア前下院議長を党追放すると発表した。これに伴い、マイア氏がかねてから有力視されていた社会民主党(PSD)に移籍することが決定的となっている。15日付現地サイトが報じている。  マイア氏とDEMの関係は、2月に行われた下院 […]
  • 《ブラジル》過去91年で最悪の水危機=来年は電気料金5%値上がりか2021年6月16日 《ブラジル》過去91年で最悪の水危機=来年は電気料金5%値上がりか  国家電力庁(Aneel)が15日、過去91年間で最悪の水危機のため、来年は電気料金が最低で5%値上がりするとの見解を表明したと同日付現地サイトが報じた。  中西部や南東部、南部にかけての少雨は記録的で、電力関連の複数の公的機関は5月以降、2001年のような電力危機を […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]