ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙後の経済の行方は?=2人の専門家が懸念表明=議会の支援を得られるか

《ブラジル》選挙後の経済の行方は?=2人の専門家が懸念表明=議会の支援を得られるか

復帰にジレンマを感じる人が多いPTの候補のハダジ氏(Ricardo Stuckert)

復帰にジレンマを感じる人が多いPTの候補のハダジ氏(Ricardo Stuckert)

 大統領選の世論調査では、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が1、2位を争っているが、経済の専門家2人が、この2人のどちらが当選しても、経済の先行きに不安を感じている事を明らかにした。
 4日付エスタード紙は先ず、2、3日の株式市場や為替の動きを、ハダジ氏の支持率の伸びが止まり、拒絶率が高まった事で、PT側の経済プラン導入の可能性が小さくなった故と説明した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ