ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》性犯罪で1500人以上逮捕=コロナ外出自粛の最中に

《サンパウロ州》性犯罪で1500人以上逮捕=コロナ外出自粛の最中に

 サンパウロ州での今年の性犯罪による逮捕者が1500人を超えていると、15日付現地サイトが報じている。これはグローボ局のニュースが、サンパウロ州市警から独占的に入手した情報で明らかになったもの。
 それによると、今年1~10月の性犯罪による逮捕者は、合計で1599人だったという。そのうちの869人は現行犯逮捕で、残る730人は捜査後に逮捕状が出て逮捕されたという。

 月間平均だと、ひと月に160人が性犯罪で逮捕されていることになる。このペースが12月まで続くとすれば1920人だから、2千人は超えず、2019年に記録した2307人には及ばない計算になる。
 今年は新型コロナウイルスによる外出自粛期間が長く続いたため、逮捕者の減少につながったと考えられる。だが、2018年に記録した1850人を超える可能性は大であることを考えると、外に出かける機会が少なかった割には逮捕者数が大きくは減っていないといえる。

image_print

こちらの記事もどうぞ