ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》知事選でフランサが追い上げ見せる=三つ巴状態のまま投票に

《サンパウロ州》知事選でフランサが追い上げ見せる=三つ巴状態のまま投票に

 サンパウロ州知事選の世論調査で、現知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)が上位2人に肉薄し始め、混戦模様になりつつあると5日付現地紙が報じている。
 サンパウロ州の知事選では、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)と、サンパウロ州工業連盟(FIESP)会長のパウロ・スカッフィ氏(民主運動・MDB)という、事前から知名度の高い2人が抜きつ抜かれつの接戦を演じているが、4日発表のダッタフォーリャの調査ではドリア氏が26%でリードし、スカッフィ氏が支持率を下げて22%になった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ