ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■本紙元記者 石塚大陸

■訃報■本紙元記者 石塚大陸

 邦字紙記者を一生貫いた石塚大陸さん(だいりく)が18日午後4時ごろ、脳内出血により、サンパウロ市のサンタマギオレ病院で亡くなった。享年80。
 9日晩もいつも通り近くのバールで晩酌し、自宅アパートに戻り、夕食を食べてから寝た。トイレのためかいったん起き上がった際、転んで頭部などを痛打した。その後、病院に運び込まれたが回復せず、8日後に亡くなった。
 1938年10月15日、宮城県浅水村生まれ、明治大学卒業後、サンパウロ新聞の呼び寄せで64年4月15日に単身渡伯した。同紙で記者を務め、70年代後半に雑誌「セクロ」に加わり、その後、80年からパウリスタ新聞に移った。記者を経て主筆となり、長年「星雲」コラムを筆名「遯」で執筆した。
 生まれた時から片耳が難聴だったが、93年に社内で痛飲して階段で転げて頭部を打ち、逆側の耳も聞こえなくなった。その後も懲りずに痛飲を続け、幾つかの日系バーではママから立ち入り禁止を言い渡される無頼派だった。だが丹念に日本の新聞や雑誌、本を読み込み、筆記取材を続けて、四季折々の風流な話題、グルメ話を織り込んだ名コラムを書き、読者に愛された名物記者だった。
 同紙が98年に日伯毎日新聞と合併した後も働き続け、2014年に退社するまで邦字紙最古参の現役記者だった。本紙でも「樹海」コラム執筆メンバーを続け、40年余の間、邦字紙記者として過ごした。
 通夜や葬儀は行わず、火葬後に「お別れ会」を仏式で行う予定。19日現在で日時未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民112年記念追悼法要=オンラインで開拓先没者偲ぶ2020年6月17日 移民112年記念追悼法要=オンラインで開拓先没者偲ぶ  ブラジル日本移民112年を記念して開催される、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)、ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)とブラジル仏教連合会(塚本智光会長)主催の「ブラジル日本移民開拓先亡者追悼法要」が、18日(木)午前10時からオンライン上で動画公開される事 […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(1)=上塚植民地を襲ったスペイン風邪2020年7月2日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(1)=上塚植民地を襲ったスペイン風邪  ブラジルの新型コロナウイルスの感染拡大は、まったく終息の気配をみせない現状だ。だが、ブラジル日本移民史は開拓の歴史だが、ウイルスのような感染症との戦いの連続だった。戦前の南米は熱帯性感染症の巣窟と見られており、温帯で生まれ育った日本移民にとってはDNAにまったく耐性のない病原 […]
  • ■訃報■ 本藤 利2020年6月30日 ■訃報■ 本藤 利  ブラジルゲートボール連合元会長・本藤利(ほんどう・とおる)さんが29日午前10時15分、入院先のサンベルナルド市のアスンソン病院でコロナウイルス感染症が悪化して亡くなった。享年87。外出自粛要請が出ているため、葬儀は親族だけで執り行われ、ミサなども未定。  本藤さんは長野県 […]
  • 7割が在外公館と連携なし=会議所アンケート結果第2弾=「一丸となって高齢者を守ろう!」2020年4月21日 7割が在外公館と連携なし=会議所アンケート結果第2弾=「一丸となって高齢者を守ろう!」  「駐在員の方は、意外にも総領事館や在外公館との連携が少ない状態。例えば、総領事館が発信している邦人被害情報についても、発信されているのは氷山の一角で、実際に被害にあった方で総領事館に報告していない人は多々いるだろう」―ブラジル日本商工会議所の平田藤義事務局長に電話取材をした際 […]
  • □コロナ感染緊急時の連絡先□2020年4月14日 □コロナ感染緊急時の連絡先□ ●サンパウロ日伯援護協会「本部事務局」(11-3274-6483)、朝8時から午後5時まで。日本語での対応可。相談内容に応じて、福祉士などに回す。 ●サンタクルス病院「新型コロナウイルス感染症の緊急外来受診のためのコールセンター」 日本語対応、24時間、11-97572-4 […]