ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■本紙元記者 石塚大陸

■訃報■本紙元記者 石塚大陸

 邦字紙記者を一生貫いた石塚大陸さん(だいりく)が18日午後4時ごろ、脳内出血により、聖市のサンタマギオレ病院で亡くなった。享年80。
 9日晩もいつも通り近くのバールで晩酌し、自宅アパートに戻り、夕食を食べてから寝た。トイレのためかいったん起き上がった際、転んで頭部などを痛打した。その後、病院に運び込まれたが回復せず、8日後に亡くなった。
 1938年10月15日、宮城県浅水村生まれ、明治大学卒業後、サンパウロ新聞の呼び寄せで64年4月15日に単身渡伯した。同紙で記者を務め、70年代後半に雑誌「セクロ」に加わり、その後、80年からパウリスタ新聞に移った。記者を経て主筆となり、長年「星雲」コラムを筆名「遯」で執筆した。
 生まれた時から片耳が難聴だったが、93年に社内で痛飲して階段で転げて頭部を打ち、逆側の耳も聞こえなくなった。その後も懲りずに痛飲を続け、幾つかの日系バーではママから立ち入り禁止を言い渡される無頼派だった。だが丹念に日本の新聞や雑誌、本を読み込み、筆記取材を続けて、四季折々の風流な話題、グルメ話を織り込んだ名コラムを書き、読者に愛された名物記者だった。
 同紙が98年に日伯毎日新聞と合併した後も働き続け、2014年に退社するまで邦字紙最古参の現役記者だった。本紙でも「樹海」コラム執筆メンバーを続け、40年余の間、邦字紙記者として過ごした。
 通夜や葬儀は行わず、火葬後に「お別れ会」を仏式で行う予定。19日現在で日時未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■「若い二、三世がここまで?!」2018年11月8日 ■ひとマチ点描■「若い二、三世がここまで?!」  ピニェイロス文化親睦会55周年のアトラクションでは、20代の二、三世が見事な日本舞踊を舞うジャパニーズ・ダンス・カンパニー「優美」(代表=花柳寿美富浩、すみとみひろ)が艶やかに8曲を披露し、喝采が送られていた。  親睦会会員の陶須磨子さん(87、長崎県)は「日本から来て60 […]
  • 大耳小耳2018年12月19日 大耳小耳  日本国外務省が出しているPDF版漫画「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html)が意外に面白い。「ゴルゴ13」とは、いわずと知れた人気漫画 […]
  • ボウソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか2018年12月21日 ボウソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか  「ボウソナロ次期大統領には日系人のナモラーダ(彼女)がいたそうですよ」――13日晩、ブラジル日本商工会議所の忘年会に出席した山田彰駐ブラジル日本国全権大使に、次期大統領と懇談した様子を取材した際、コロニアには興味深いそのような事実が浮かび上がって来た。山田大使はすでに […]
  • JICA=帰国報告会で6人が発表=斉藤所長「変化に屈しない人材に」2018年12月21日 JICA=帰国報告会で6人が発表=斉藤所長「変化に屈しない人材に」  来年1月に帰国する国際協力機構(JICA)の2016年第3次日系社会ボランティア6人の帰国報告会が13日、市内の同事務所で行われ、各地で奮闘した2年間の活動成果が発表された。  「私に出来ることは何か。果たして、期待に応えることができているのか常に不安だった」――ブ […]
  • サンパウロ新聞、73年の歴史に幕=急激な読者減少と経費膨張で=鈴木編集局長手記を要約掲載2018年12月21日 サンパウロ新聞、73年の歴史に幕=急激な読者減少と経費膨張で=鈴木編集局長手記を要約掲載  サンパウロ新聞が20日付で廃刊の告知を出した。今月22日付けが通常号としては最後、その後、年末に出す2019年新春特集号(1月1日号)をもって廃刊になると公表した。同日付コロニア社会面トップには、鈴木雅夫編集局長が「本誌廃刊のいきさつ」として、その経緯を記している。大 […]