ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 9月に慈善事業スキヤキ・ド・ベンを成功させた陶芸家の本間秀子さんによる「茶碗プロジェクト」が24日午後7時からジャパン・ハウス(av Paulista, 52)で行なわれる。茶碗にまつわる講演会を、シェフや陶芸家がするという企画。全8回となり、今回が6回目。陶芸家のイズミ・シュウゴさんの回となる。渡伯前は日本で食事の度に親しんでいた茶碗が懐かしい人も多いのでは? 使う側でなく、作る側目線の茶碗の話も、おもしろそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月30日 大耳小耳  聖市南部の一部地域で、先週火曜日(23日)から本紙配達が止まり、読者に迷惑をかけている。大変申し訳ない。ビラ・マリアナ、ビラ・クレメンチーノ、サウデ区などの地区を担当するモトケイロが病気で入院し、配達が滞っていた。30日付け新聞から配達は復旧する。購読部によれば「この1週間の […]
  • 大耳小耳2019年7月27日 大耳小耳  クリチバ日伯文化援護協会の日本語講座(小本ラウラ光子校長)は、昨年に開講35周年を迎えて記念誌を発行した。記念誌には35年間の沿革や、ピクニック、スピーチ・コンテストなど行事の様子、元生徒による感動や苦労の数々が綴られている。今では三世の日本語教師もおり、若い世代への引き継ぎ […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]
  • 大耳小耳2019年7月24日 大耳小耳  23日付け本紙1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところ。日本政府のこのような取り組みに関してご意見がある読 […]